ブログ「クロロフィル通信」

2022.01.20 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

種苗販売課の紹介~種苗の栽培から出荷までサポートします~

種苗販売課を紹介します。
種苗販売課は、本社に8名(社員5名・嘱託2名・パート1名) 各営業所に駐在員を配属(社員10名)し、日々種苗に携わる営業活動をしています。

種苗販売課の営業活動は、種・苗を販売し、栽培途中を確認し、出荷されるまで責任をもって見守るのが重要な仕事内容になっています。

☆施設栽培(農業用ハウスなど)
現在、7月に販売したトマト・ナスなどの出荷が本格的に始まります。
種苗販売課では、多くの栽培品種の評価を確認しながら、栽培が終わるまで品種特性を確認していきます。
重要な仕事で、次年度の農家さんが栽培する品種の選定に関わっています。

☆露地栽培
7月に販売したキャベツ・ブロッコリーの収穫が10月下旬から始まり、早生品種の評価が確認されて、1月から4月までの品種の能力を見極める時期に入ってきました。
露地作でも、農家さんが栽培する品種の選定に関わっています。

秋冬作の結果確認と同時に、春夏の栽培が始まります。
西瓜・メロン・スイートコーンなどの注文を頂き、納入していく忙しい時期になっています。
毎年同じことが一年に一回繰り返されるのですが、スタッフ一同「レベルアップ」のために頑張っています。

研究農場での品種比較試験です。
【ミニトマト】
  ミニトマト 1 ミニトマト 2
【キャベツ】
  キャベツ 1 キャベツ 2

研究農場では、愛知県東三河の天候に順応する品種を探しています。
品種の良い点はもちろん、欠点も見つけることで、お客様に紹介できるか、できないかの確認を行うことが重要な仕事になります。

2022.01.18 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

『施設部 メンテナンス課』~他部署との連携~

こんにちは、今回はメンテナンス課の現在の業務内容を紹介します。

メンテナンス課は、プロファーム関係の業務に加え、施設部へ編入された事により施設設計課と協同し、建物、システム等の不具合箇所の確認やメンテナンスなども行うようになりました。
また、栽培支援部の栽培サポート課と協同し、新設置システムの試運転をなども行っています。
現在は、他部署と連携し、種々の業務を行っています。

ハウス天井部不具合箇所の確認・メンテナンス
ハウスメンテ等 ハウスメンテ等2

機器類、施設関係のメンテナンスや不具合に対応
 機器類メンテ等1 機器類メンテ等2

お客様からのご依頼内容にも拠るところですが、まずは現場を確認し、各関係部署と連携の上、お客様のお困り事に対して、最善の手段、あるいは適切な処置を講じる部署として、メンテナンス課をご活用いただけますと幸いです。
勿論、講じるばかりでは無く、実践する部署として、今後ご認識いただければ励みになります。 

メンテナンス課へのご依頼お問い合わせは、本社、またはお近くの営業所弊社HPをご利用ください。

2022.01.12 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

SDGsの取り組みの中間報告です!

お世話になります。
9月から弊社もSDGsの取り組みをスタートしました。その途中経過をお伝えします。

全社員にSDGsを理解してもらえるように、社内から取り組み内容を募集しました。
募集の結果、取り組む内容を下記の3つに分けて進めています。
 ①全社員で取り組む内容
 ②弊社ならではの内容
 ③部署単位で取り組む内容

今日は、種苗部と総務部の「③ 部署単位で取り組む内容」をご紹介致します。

【種苗部】「プラスチックごみが出にくい苗規格の開発・推進」
弊社では“トヨスト苗”と言う商品を販売しています。
ポリ鉢の代わりに天然紙を主成分とする紙で育苗培土を包んでいる苗です。
ポリ鉢を使用しないので廃棄物が出ません。 
“トヨスト苗”のように、環境に負担の少ない商品の開発推進に取り組んでいます。
〈トヨスト苗〉
トヨスト苗
*トヨスト苗のご購入に関するお問い合わせはこちら


総務部】「野菜を使った健康レシピを考案し、人々の栄養改善の実現と野菜消費を増やし、持続可能な農業を推進する」
健康改善と食品ロスをレシピの方向性としています。
地元の伝統野菜を使用したレシピを考えることができたらと思っています。
春には具体的な取り組みを実行させていく計画です。

2021.12.23 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

TSK倉庫の紹介

こんにちは、施設部 施設管理課です。
今日は弊社のTSK倉庫を紹介します。
 
TSK倉庫の外観

ここでは弊社のTSKハウスの金具等の部品や、合掌等の鉄骨部材を約100種類保管しており、TSKハウス建設の物流拠点として建設現場をサポートしております。
以前は、杉鉄工業株式会社として弊社屋根型ハウスの鉄骨加工を請け負っていただいておりましたが、工場閉鎖とともに弊社のTSKハウス部材の倉庫として活用することになりました。

 TSKハウスに使用の合掌
  TSKハウス合掌の様子


TSK倉庫の従業員

TSK倉庫の従業員です。
倉庫の荷受け、整理整頓、TSKハウス部材のピッキングをしております。

 ピッキングの様子
   ピッキングの様子

TSKハウス部材のピッキングは、物件ごとに金具や鉄骨部材を集めます。1つ1つ発注書をもとに数を確認しています。
1つでも数量が足りなかったりすると現場がとまってしまうこともあるので、別の課員で点検して、間違えがないようにしております。

 出荷準備完了
    出荷準備完了

TSKハウスは弊社オリジナル丸型合掌ハウスで、約35年ほどの歴史があり、パイプハウスより頑丈で、屋根型ハウスより安価です。
弊社の主力ハウスとしての実績もあり、多くのお客様にご利用して頂いております。

TSKハウスにご興味がある方は下記URLを御覧ください。
TSKハウスならトヨタネ株式会社。農業に関することならおまかせください。 (toyotane.co.jp)

詳しくはお近くの営業所、またはHPにてお問い合わせ下さい。

2021.12.21 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

研究農場のご紹介~ご来場お待ちしております~

こんにちは。
今回はトヨタネ研究農場の紹介をします。

研究農場には、男性3名・女性4名(内パート1名)の1名のスタッフが在籍していて、露地圃場約18a、施設圃場約48aの面積を管理しています。
『研究』と聞くと、関係者以外立ち入り禁止の秘密の場所という印象があるかもしれませんが、当社の研究農場は、どちらかと言えば『展示場』に近い部署になります。
生産者様はもちろん、メーカー関係者様、大学・試験場等の関係者様、その他一般の方など、どなたでもいつでもご視察して頂けます。

研究農場では、当社で取り扱いをしている各種野菜の品種について、お客様により具体的なご提案をするために、品種の比較栽培を行い、データを取っています。

 研究農場 トマトのハウス
 
研究農場 圃場

品種比較以外にも、開発中の各種資材の試験や、新製品の開発なども行っています。
全国各地のメーカー様の品種や資材が一度に見ることのできる農場は、全国的に見てもかなり珍しい場所だと自負しています。

冬から春にかけては、露地圃場でキャベツやブロッコリーの品種比較、施設圃場ではトマト品種比較や、イチゴ・キュウリの養液栽培試験が行われています。
夏にかけては、トウモロコシやメロンなどの栽培も行っています。

 研究農場 トマトの比較試験

トマトだけでも、大玉・ミニを合わせると合計50品種以上が栽培されていますので、品種選びにお悩みでしたら、ぜひご来場下さい!

研究農場 ミニトマト

視察のご依頼は、本社または最寄りの営業所、または下記までお問い合わせ下さい。
スタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております!

*農場視察に関する問い合わせ*
TEL:0532-41-2007(トヨタネ研究農場)
HP問い合わせフォーム:https://www.toyotane.co.jp/contact/
または、担当の営業スタッフまで。

2021.12.14 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

施設部 施設設計課のご紹介 ~施設部のオフィスを移転しました!~

こんにちは! 施設部施設設計課を紹介します。

現在、施設設計課は7名のスタッフが在籍しています。
主な業務は、新設ハウス、改修工事、栽培システムの見積作成、設計、施工管理を行っています。
施設部(施設設計課、施設管理課、メンテナンス課)のオフィスは本社内にありましたが、今年の3月から本社隣の社屋(旧UFJ銀行)へ移転しました。
機会がありましたら是非、お立ち寄りください。
 本社(元三菱UFJ)

近年、新設工事物件は減少していますが、反対に改修工事物件が年々増加傾向となっています。
一口に改修工事と言っても、フィルム張替工事から躯体以外の総取替えなど多岐に渡ります。
 ハウス改修工事中1

ハウス改修工事2

改修工事の施工方法に取り決めはありませんが、長年の経験と知識を活かし、お客様にとって今まで以上に使い勝手が向上する仕様、できる限り低コストで収まる仕様をご提案させて頂きます。

お気軽に最寄りの営業所、本社施設設計課、またはHPにてお問い合わせください。

2021.12.06 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

加工場の近況~2021年、御注文ありがとうございます~

みなさん、こんにちは!

新型コロナウイルスの影響が強く出ました昨年、加工場では農業用フィルムの加工量が少なく、先の見えない状況が色濃く出た年だったように感じます。

では、本年の加工量はどうだったのでしょうか。

昨年と本年の5月~10月の加工量をグラフで比較してみました。
加工量の比較
 
グラフは、赤線が2021年、青線が2020年のフィルム加工量です。
5月~10月は、赤線が青線をほぼ上回っている結果になりました。
日々の業務の中でも、本年は注文が途切れず、常に機械が稼働していたように体感していたので、改めてグラフ化することで予想通りの結果を確認できました。

 解反機

加工場の「加工量が多い」は、「御注文を多く頂いた」ということに他なりません。
御注文下さいましたお客様には心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
今後もトヨタネ株式会社をよろしくお願いいたします。

                                 (仕入加工場スタッフより)

2021.11.26 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

仕入課のご紹介

こんにちは!仕入課を紹介します。

仕入課には、女性9名、男性1名の総勢10名のスタッフが在籍しています。

主な業務内容は、仕入先への商品の発注・検収・支払業務です。
各営業所からの注文や在庫が少なくなった商品などの発注や、入荷してきた商品が発注した商品と間違いないか確認し、基幹システムへのデータの入力や納品書・請求書の処理を日々行っています。
また、取引先との交渉や、価格表の作成、棚卸なども仕入課の大切な仕事です。

仕入課は、女性スタッフが会社の中で一番多い部署で、中には育児短時間勤務の制度を利用し、家庭と仕事を両立させながら日々業務に励んでいるスタッフもいます。
昨年までは、育児短時間勤務が“小学校就学前まで“でしたが、今年度から“小学3年生に達するまで”と、短時間勤務の期間が延長されました。
働く女性にはうれしい制度です!

仕入課スタッフ

仕入課は、お客様と接することがない部署ですが、注文の先にはお客様がいるということを念頭に置き、毎日の業務がスムーズに進むよう、スタッフ一同日々精進してまいります。

2021.11.20 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

動画活用~雲一つ無い撮影日和~

こんにちは。営業企画課です。

営業企画課では、静止画より動くものの方が伝わりやすい、理解しやすいという観点から動画の活用に力を入れています。
動画の1分間の情報量は、180万の言語またはWebサイト3,600ページ分の情報量が詰まっていると言われています。
しかも、それらの情報は視覚的、聴覚的に脳に伝わってくるため、情報整理が行いやすく、記憶として残りやすい特徴があるそうです。

先日、愛知県田原市へビニールハウスの撮影に行ってきました。
普段は、内勤業務が主なので外出することも少なく、新入社員研修以来の現場訪問は、とても新鮮な気持ちでした。
動画撮影中

当日は、写真でも分かるように雲一つ無い撮影日和でした。

営業の方にハウスの名称や測量の方法など説明していただきながらの撮影でしたので、とても勉強になりました。

学んだ知識をお客様のお役に立てるよう分かりやすい、伝わりやすい動画を作成し、公開できたらと考えております。

2021.08.31 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

施設部 メンテナンス課の紹介

はじめまして。こんにちは!

施設部メンテナンス課です。
本年4月より2名でスタートした新部署になります。

現在は、弊社で販売させていただいた、プロファームコントローラー・養液栽培システムの事前メンテナンス、及び緊急時の駆けつけ修理とシステムスタートアップ時の試運転・調整などをさせていただいております。
何分にも、新たな部署で手さぐり状態ではありますが、お客様が安心してシステムをお使いいただけるよう、
また、困った時にお力になれるように、知恵と汗をしぼって活動していきます。

宜しくお願い致します。

メンテナンス課 スタッフ写真