ブログ「社長のつぶやき」

2019.10.15 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

ゲノム編集食品の今後

 今年の9月、消費者庁はゲノム編集技術で品種改良した農林水産物の大半について「生産者や販売者たちに、ゲノム編集食品であると表示することを義務付けない」と発表した。その理由として「外部遺伝子を組み込まない食品は遺伝子の改変がゲノム編集によるものか、従来の育種技術で起きたのか、科学的に判断できず表示義務に違反する商品があっても見抜けないため」と説明している。はっきりわかるのは、国としては「ゲノム編集食品」の国際競争力の強化、そして商品化に非常に前向きであるということです。これは外部から遺伝子を挿入する「遺伝子組換技術」と「ゲノム編集技術」を区分けし、前者は国民的理解が困難と判断しながらも、後者については世論の支持を得たいという意図が明確と理解する。  
 ゲノム編集は「意図された突然変異」の比喩の如く、その「痕跡」を科学的に実証することは困難とされている。哲学・思想の範疇で言うならば、地球上の生命誕生から今日に至るまで受け継がれたDNAの連鎖を「人間」が操作してよいかどうかという倫理論争となる。
 私の個人的な価値判断を披露することは簡単だが、とても手にあまるのでここでは近い将来の野菜育種の予想を記したい。まずはこの「ゲノム編集技術による商品」が本当に受容される社会になるかどうか、今回国が指針を出したこと(勝負に出たこと)によって、ここ2~3年で方向性が決まるのではないかと思う。国全体としてはおそらく動植物の育種分野よりも医学分野における効能(先天性疾患の未然除去やガン等の重要病の予防・治療技術)の啓蒙が先行すると予想される。デザイナーベイビーに至ってはおそらく否定されるだろう。植物育種技術としての利用については、民間では高収量よりも耐病性、機能性強化のための原種開発に多くの労力が割かれるのではないかと思う。ここで言う原種とは、今後もF1ハイブリッド技術による野菜育種が中心であることは変わりなさそうだが、その「親」のことを指す業界用語です。その親についてはゲノム編集技術の結果産物が増えるだろうという予測です。原種として利用されるのでよりその痕跡の追求は困難となる。また食品としては「高機能」(例えば高GABAや高リコピン酸を含む成分の保証されたトマトの販売、結果として高血圧や病気予防、アンチエイジングに効果が期待される)を売り物にする食品がスーパーマーケットのメインステージを占拠する時代の到来可能性が高い。その価値が広く社会に受容されれば、やがては人類における当たり前の技術になる可能性もあるだろう。弊社は「種」については主に販売業であるが、将来のメイン商品の行方については近未来の経済予測よりも遥かに重要であると思っています。
川西裕康

2019.09.25 [ 社長のつぶやき | トヨタネ通信「瓦版」 ]

トヨタネ瓦版9月(36号)

トヨタネ瓦版9月(36号)を掲載しましたのでご覧ください。
添付:トヨタネ瓦版9月(36号)PDF

23号線バイパス
撮影9月15日:豊橋市内23号線バイパス周辺にはキャベツ畑が広がる。

【内容】
・ひまわりの一生
・竣工式
・インターンシップ
・市長見学
・種苗だより
・広域営業だより
・キャベツが出来るまでってどんな感じ
・人生100年時代と言われて
・編集後記

2019.09.06 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

「ひまわりの一生」

 仕事柄、花の名前や育て方、樹木の種類等を聞かれることがよくあります。しかし正直な所、植物音痴でさっぱりわかりません。「園芸の専門家のはずなのにわからないの?」、もう少しつらいのは「お殿様は、現場のことは分からないですよね」と言われることです。
営利目的の野菜園芸種苗のことなら何でもよく知っていると返答しても、先方はその境のことは理解できないでしょう。専門外の植物について詳しくない自分がアホなのです。

 そんな私でも自信も持って育てることができる植物がある。1つは球根類、中でもチューピップとユリは簡単です。秋深くなってから適当に土に埋めてやりさえすれば、必ず翌年の春から初夏にかけ、立派に咲いてくれます。もう一つはひまわりです。ひまわりは子供のころから慣れ親しんでいて、タネも大粒、5月に入って暖かくなってから蒔き、しばらくの間水さえ切らさなければ不思議なくらい育ってくれます。今年は自宅近くの最も往来の多い交差点の角に勝手に蒔かせていただきました。
開花前ひまわり 交差点街路樹ひまわり 交差点のひまわり
朝、犬の散歩をしながら、グングン育つひまわりを観察することは、ひそかな最上の楽しみです。伸び盛り中のひまわりが、台風や大雨でダメになることは滅多にありません。タフな植物です。やがて大輪の花芽をつけ、ある日見事に咲いてくれます。

ひまわりの一生  咲き終わったひまわりは下を向き、立派だった茎葉も黒ずんで腰の曲がった老人の姿になります。そして最後はお葬式です。吸水機能を失った根はやがて簡単に抜けるようになります。それまでは決して抜きません。まだ頑張って生きていると思うからです。そうしてひまわりの一生が終わります。

 人生は長いけれども、ひまわりの一生は1年です。まだ何年もひまわりを育て、その一生を見ることができると思うと、なんだかうれしい気持ちになりますし、まだまだ花が咲く前の人生だと自分を鼓舞することができます。ひまわりを育てながら哲学者気分を味わった今年の夏でした。

川西裕康

2019.08.23 [ 社長のつぶやき | トヨタネ通信「瓦版」 ]

トヨタネ瓦版8月 (35号)

トヨタネ瓦版8月(35号)を掲載しましたのでご覧ください。
添付:トヨタネ瓦版8月(35号)PDF

この時期の風景
キャベツ定植風景20190822
豊橋市内キャベツ定植風景8/22(は種7月25日)
圃場約6000㎡

瓦版トップに使用した画像(トリミング前)
レインボーブリッジ

【内容】
・8月は文字通りHOTなシーズン!
・マニュアル作成
・内定者の集い
・種苗だより
・農場だより
・製品情報:『CO2当盤Ⅱ』
・甘藍?とキャベツ?
・身近な図書館??
・編集後記

2019.08.08 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

8月は文字通りHOTなシーズン!


ヤマセ
 7月中旬時点ではひょっとすると今年は冷夏ではないか、
「やませ」が吹いて東日本が深刻な事態になるのではと真剣に思いましたが、
「無事」というべきか猛暑の夏が訪れました。

HOTな夏 それでも昨年と比べれば少しましかなと思っていますが、
オリンピックのある来年の夏はどうなるのか、今から気が揉みます。
猛暑を実感している時、この天気の中でマラソンや競歩は無茶だよなと思わずにはいられません。

 会社にとっても8月は文字通り「超HOT」な1か月です。 
【8月の3大課題】 
①産地向け専門野菜種子に深刻な不足や品質不良が起きないか 
②益々需要の高まる専門野菜苗を無事生産し、納品することができるか 
③8月~9月から使用したいと言われている請負案件の施設をお客様に迷惑かけず完成できるかの3つです。
最も暑い季節、会社も最も忙しく、身も心も「超HOT」な1か月となります。
 特に近年は②の案件でてんてこ舞いです。8月の壁は毎年大きく、高くなっているような気がします。お客様である農家さんにとっては、8月~9月は種蒔、定植、フィルム張りと冬に向けて良品を収穫するための大事な時、生活が懸かっているのですから真剣なのは当たり前です。 多忙
しかもその時期に毎年のように台風がやってきます。
このことも8月をさらに「HOT」にする要因となります。
 また子育て中の社員にとっては、家族旅行を計画したい時でもあります。その願いも実現でき、とにかく事故なく、一人も体を壊すことなく乗り切ることができる会社を目指したいと思います。 家族旅行

川西裕康

2019.07.29 [ 社長のつぶやき | トヨタネ通信「瓦版」 ]

トヨタネ瓦版7月 (34号)

トヨタネ瓦版7月(34号)を掲載しましたのでご覧ください。
添付:トヨタネ瓦版7月(34号)PDF

太平洋
(梅雨明け)画像7月28日撮影、この瓦版のトップ写真と同じ場所で東側を撮影したもの。
海では多くのサーファーが。駐車場は多くの車でいっぱい。
(トップ写真は4月頃撮影)

【内容】
・お天道様には勝てません
・問題発生
・メールを考える
・読書はじめました
・キャッシュレス・セルフレジこの先どうなる
・編集後記

原稿はプラスもマイナスもあるかもしれませんが何かヒントや参考になれば幸いです。
編集者


2019.07.06 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

忖度について思うこと、つぶやきです。

 この2~3年政治分野を中心に「忖度」という言葉が盛んに使われるようになりました。
忖度の意味を調べると「他人の心情を推し量ること、また、推し量って相手に配慮すること」とある。元々マイナスイメージとして使われる言葉ではないのですが、ぴったりはまる英訳も無いようで、日本人独特の他者への気遣いだと思われます。
 しかし忖度される側が権力者の場合は、その意味合いが忌まわしいものになる場合もあるよです。そして忖度した側が法を犯す行為に及んだ時は、忖度した側が罰せられる可能性はあるが忖度された側が法的責任を追及されることはほぼ皆無でしょう。もしそうだとすればこれは非常に巧妙なパワーハラスメントではないかと勘繰ってしまいます。ここまで言うと暗に現政権の批判をしていると思われがちですが、ふと自分を振り返った時、我こそはお山の大将、忖度する感性に乏しく、忖度されていることに気が付かない「我」であることに思い至りました。
プレーでの気遣い

 会社は進むべきベクトルを合わせることが大事だと言いながら、本当に理念を社員と共有できているのか、過度に忖度されているだけではないのか、たまに立ち止まって考えることができたならば、私ももう少し大人になれるでしょう・・・。
川西裕康

2019.07.06 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

交差点のひまわりが咲いた

 私が住んでいる家の前には豊橋市交通量の多い、しかも市電が90度大ききカーブする大きな交差点があります。その角には中途半端に矮性緑化木が植わっているのですが、毎年6月になると雑草だらけ、見るに見かねるほど見苦しくなる上に、たばこの吸い殻や飲みかけのペットボトル、時にはカップラーメンが捨てられることもあります。その一角に全く無断、思いつきでひまわりのタネを植えてみました。驚いたことに見事に芽を出しました。あとは雑草との戦いです。日本の畑は雑草との戦いという話は、商売柄も聞いていたのですが、実体験すると本当にびっくり、毎朝、毎夜、愛犬と散歩がてら雑草を抜くのですが、毎朝毎夜新たに生えてきます。2~3日出張するだけで、呆然とするほど雑草が暴れまわっています。雨が降らない日が続いたときは、店からバケツを持って水をぶっかけたりもしました。しかしついにそのひまわりが咲いたのです。うれしくて、うれしくて、こんな素朴なうれしさは60年の人生の中でかつて経験したことがないほどです。思わずつぶやいてしまいました。

交差点街路樹
交差点街路樹

開花前ひまわり
開花前ひまわり

ひまわり咲き始め
ひまわり咲き始め

開花ひまわりアップ
開花ひまわりアップ

開花ひまわり遠景
開花ひまわり遠景
川西裕康



2019.06.24 [ 社長のつぶやき | トヨタネ通信「瓦版」 ]

トヨタネ瓦版6月 (33号)

トヨタネ瓦版6月(33号)を掲載しましたのでご覧ください。
添付:トヨタネ瓦版6月(33号)PDF

6/2豊川リレーマラソン
6/2(日)豊川リレーマラソン
豊川ゆるキャラ風景
豊川ゆるキャラ

【内容】
・人財獲得と夏商戦を前にして
・種苗だより
・交通安全運転教育
・メールの書き方・内容
・田原営業所の取り組み
・春のビジネスパーク参加
・くすのき特別支援学校・サテライト実習
・ナーセリー通信
・豊川リレーマラソン2019
・編集後記(案内)

2019.06.17 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

人財獲得と夏商戦を前にして

 皆さんこんにちは。6月は、新入社員が仕事に慣れ始め、次年度の新卒予定者もほぼ確定する月であります。人こそ力、人は城、人づくりは企業が長期に活躍するための最大にして唯一無比の条件です。そしていよいよ当社の帰趨を制する夏商戦の始まりです。2年前までは、施設園芸も露地栽培も比較的順調でしたが、一気に様変わり、単価安に苦しむ農家は今年の作付計画や戦略を再考しなければなりません。量で勝負するのか、品質重視(高単価)か、または人件費を含む費用の削減を第一に考えるのか、立場によって様々です。
 国際的な環境に目を移すと、参院選後には米国トランプ政権が農産物についてTPP以上の開放を要求することは間違いありません。米国の対イラン、対中国政策の行方によっては重油価格が暴騰しかねません。また海洋プラスチック汚染の規制強化が緊縛の問題に急浮上、プラスチックを多用する農業に対する規制も始まることでしょう。消費者による生鮮物のネット購買も一定の地位を獲得しつつある情勢です。また後継者難による事業承継の問題は農業にとどまらず日本の中小事業者の共通の悩み、M&Aの勧めをあおる手紙やメール、広告を見ない日はないくらいです。一方ITやAIを駆使した「スマート農業」という言葉は一人歩きしているような気もします。時代の空気は激変の最中です。
 そうした中、学生会向け説明会で、「弊社の基本は相対第一、アナログ勝負、大事なのは義理と人情、涙と汗!」と昭和言葉を連発すると、意外と反応があるのも事実です。
 農業の基本はお天道様をいかに味方につけるか、この基本は微動だに変わっていないと私は思っています。
川西裕康