ブログ「社長のつぶやき」

2018.08.27 [ 社長のつぶやき | トヨタネ通信「瓦版」 ]

トヨタネ「瓦版」8月 (23号)

トヨタネ瓦版8月23号を掲載しましたので下記PDFをご覧ください。
【瓦版8月号】PDF
・8月10日社長のつぶやき掲載:「弊社の苗産業について」
・プロファーム T-cube
・農場便り:キャベツとブロッコリー
ブロッコリー苗
・野菜ソムリエ:夏ばて対策
・HP掲載ブログについて
・交通安全と仕様と操作を考える
・コミュニケーション・ワークスペース
「Coworking」コ・ワーキング

2018.08.10 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

弊社の苗事業について

 私が業界に入った頃(昭和50年代)、苗作りは農家にとって最重要な仕事、苗半作、または七分とまで言われた。良い苗を作ることが、篤農家の定義であり、良い収穫を得るための必須条件だった。それが平成に入るころから徐々に様子が変わってきた。多くの施設トマト農家は8月に定植する。栽培面積は増え、連作による土壌病害も深刻になり始め、接木という作業も必要になってきた。大規模栽培を指向する農家から徐々に買い苗に頼るようになり、現在も夏場の苗生産は全国的に供給が需要に追い付かない状態が続いている。私なりにその要因について考えてみた。

①真夏の接木の難しさ:春ならば、気候もよく、適切に保温・保湿させることで接木は比較的容易であるが、真夏40度も超えるような環境下で安定して接木を行うことは非常に難しく、一定の設備投資が必要となる。
②大規模志向と分業化:規模拡大を目指す農家は、生産に専念したい。育苗のための施設を別途用意するよりも、生産面積を増やしたい。
③夏休み少しは休みたい:苗作りは最も神経を使う農作業、苗を自作している間は、休めない。収穫中は休みが取れないほど忙しいので、結局1年中休めないことになる。家族サービスや旅行の計画も立てることができない。業者に委託したほうが精神的に楽。
④苗種類があまりに複雑:品種の選定、台木の選定、苗の種類(ポット苗・プラグ苗・グローブロック苗等)の複雑さ、1本植え、2本植え、はたまた1本植えの2本ピンチ苗等、選択によって無限大と言ってよいほどのバリエーションがあり、過去の経験値が追い付かない。
⑤タネ屋としては言いにくいが、タネ代もばかにならない:高価な種を定量で買うよりも必要本数の苗をピンポイントで買った方が結果としてお値打ち感がある。

結果として、日本農業が少数精鋭化すればするほど、「買い苗需要」は高まる。採算性は後から考えるとして、会社として静岡県磐田市に新たな苗生産施設を建設することを決めたのは、以上の理由です。

現在磐田市内で建設中「苗生産施設」
磐田ナーセリー
ドローンによる8/6撮影(北側より)

トヨタネ株式会社
川西 裕康