ブログ「社長のつぶやき」

2018.02.10 [ 社長のつぶやき | トヨタネ通信「瓦版」 ]

瓦版2月号

トヨタネ瓦版2月17号を掲載しましたのでご覧ください。

瓦版イラスト

・巻頭記事:社史の編纂
・農場だより:キャベツ公開調査
・施設部より:「栽培サポートセンター
・野菜ソムリエシリーズ:魔法の鍋バーミキュラ!?
・編集室より:花フェスタin東三河

編集室より
  

2018.02.07 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

社史の編纂

 弊社はお蔭様で平成30年10月創立50周年を迎えます。
50周年と言えば、半世紀です。
誰しも認める節目であることは間違いありません。
創業の4名もすでに全員他界、創業時からの社員も一人もいなくなります(H30.4月現在)。
そうした中、尊敬する先輩経営者から社史の編纂を薦められました。
個人的には自己満足のように感じ、気が進まなかったのですが、この先誰も創業時の記憶を語れる人がいなくなる。
また新卒採用研修にも、会社の歴史を記録することはとても重要と考え改め、作成することにしました。
50年前私は小学5年生でした。
父親にドライブを兼ねてよく本社地に連れてきてもらいました。
一面の白菜畑、これから何が起きるのか聞いたことはありませんでしたが、夫婦の会話や、店の様子から新しいことが始まろうとしていることだけは感じていました。
当社カタログ1972年春
1972年当社カタログ裏表紙より
 今後更に50年後会社が存続し、その時の経営者や社員が50年史を読み返してくれたなら、何よりもありがたいことです。
「創業の理念」はすべての企業にとって、何よりも重要なアイデンティティ(自己存在証明)です。
創業時からすべてのスタッフが変わったにもかかわらず、同じ血が会社に流れているとするならば、そのこと自体が企業にとって解明すべき永遠の謎です。
変えるべきもの、変えてはならないものの価値基準が少しでも明らかになれば素晴らしい羅針盤となります。
創業から50年、どうして企業活動を継続することができたのか、お客様や、仕入れ先、地域社会、そして必死に頑張った経営者や社員のお蔭に他なりません。
今会社があり、これからも発展しようとしている時に、過去50年の恩、そして幸運を身に染みて感じるということは、とてもとても重要なことと感じています。

屋上より撮影
2018年2月7日現在(本社屋上より撮影)

川西 裕康