ブログ「社長のつぶやき」

2018.04.12 [ 社長のつぶやき | トヨタネ通信「瓦版」 ]

トヨタネ「瓦版」4月号

トヨタネ瓦版4月19号を掲載しましたのでご覧ください。
瓦版イラスト
【瓦版の見出し】
・新卒採用
・入社式(平成30年度)
・養液栽培の必要性
・農場便り「春到来」
・野菜ソムリエシリーズ:朝の新習慣!?「ベジヨーグルト」
・季節・地域の話題などなど

編集室より

2018.04.10 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

新卒採用について

 弊社には年3回の「新年」があります。1つは文字通り新年1月1日です(会社始めは5日から)。
2つめは新年度、弊社は4月30日が決算ですので、5月1日が新年度となります。社長としては、気合の入る日ですが、会社全体、社員からはほとんど気合が感じられません。5月1日はゴールデンウイークのど真ん中、メイデー、多くの社員にとっては休みにして欲しい位の日です。実際来年2019年5月1日は新天皇即位日、祝日扱いになるようです。そしてもう一つの「新年」は、新卒採用者入社日4月1日です。新入社員にとって記念日であるのはもちろんですが、私にとっては「人を雇用する」という責任を改めて痛感する日であり、昨年入社した社員にとっては新入社員の「資格」が終わる日、後輩ができる日でもあります。弊社の文化は新卒採用によって築かれていると言っても過言でありません。起業は50年前ですが、すでに3期目から大学新卒採用が始まりました。名前も売れていない小さな会社でしたが、「農業分野での貢献」を信じて弊社を希望してくれた新卒者に感謝です。会社の経営計画書「要員に関する方針」1.採用の第一項に、「当社の人財獲得は、新卒採用を基本とする」と明確に書かれています。これは単に新卒採用ありきというだけでなく、毎年新卒採用人財が獲得できる会社を継続せよ、また新卒人財が是非入りたいと思ってくれる会社であり続けろという会社経営に対する叱咤激励の方針でもあります。
 実際今年も大卒高卒全員で16名(1名は農場研修生)が弊社の門をたたいてくれました。
入社式2018
(2018入社式4/2)
本年は会社創立50周年を迎えます。激しい社会変化の中で大きなうねり、過度期を迎えていると実感しています。されど会社は成長してほしい。今年61歳を迎える自分にとって、生きて100周年を迎えることは絶望的ですが、本日入社した16名のうち、ひょっとしたら50年後100周年の折にも在籍している人がいるかもと思うと、とてもワクワクした気持ちになりました。
 新卒採用は、我が社のアイデンティティの底辺を形成する「文化」です。

代表取締役社長 川西裕康