ブログ「社長のつぶやき」

2018.01.10 [ 社長のつぶやき | トヨタネ通信「瓦版」 ]

トヨタネ「瓦版」1月号

トヨタネ「瓦版」1月16号を掲載しましたのでご覧ください。
瓦版イラスト

・巻頭記事:年頭の所信
・農場だより:2018年新年を迎えて
・生産部より:新年を迎えるに当たり
・施設部より:施設部の取り組み
・野菜ソムリエシリーズ:食べる胃腸薬?お助け野菜「ダイコン」

編集室より

2018.01.05 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

年頭の所信

明けましておめでとうございます。
平成30年、戌年、平成という元号が1年続く最後の年になります。
どんな年になるでしょうか、素晴らしい1年にしたいですね。

昨年は会社にとって新たな飛躍の可能性と、深刻な課題を突き付けられたエポックメイキングな年でした。
新たな飛躍の可能性は、我社が広域に日本の施設園芸に役立つ会社になれるよう,様々なチャレンジをしたことです。

大規模化イコール先進的なオランダ技術の輸入ではないはずです。
良いところは取り入れながら、日本の風土、文化、伝統、そして革新に寄り添える技術、サービスがあるのではと思っています。

かつてなかった広い知識や技術、現実を体験できたことは大きな財産となるでしょう。
一方、日本は少子高齢化、人口減少によって、農業は先細りしています。 
しかし頑張ろうとしている農業者は、大規模、高生産性を目指して、大きな投資を決断し、いわば命がけで戦っています。

高品質の生鮮品を消費者に提供し、喜んでもらいたいと望み、一方で経営も安定させたいと日々悪戦苦闘している。

そうした農家に寄り添えるだけの力が会社にあるのかどうか、残念ながら不足していることが多すぎます。
そうした現実にも直面した1年でした。

今年は上記の課題に対してひるむことなく、一つずつ進化できる会社を目指します。

どうか今年も宜しくお願い申し上げます。

川西社長
川西 裕康