ブログ「社長のつぶやき」

2018.03.10 [ 社長のつぶやき | トヨタネ通信「瓦版」 ]

トヨタネ「瓦版」3月号

トヨタネ瓦版3月18号を掲載しましたのでご覧ください。

瓦版イラスト

【瓦版の見出し】
・50周年
・オリジナル商品の開発
・プロファームモニター定期メンテナンスのご紹介
・野菜ソムリエシリーズ:デトックス!春野菜を食べよう!
・3月11日
・弥生


編集室より

2018.03.06 [ 社長のつぶやき | 日々のつぶやき ]

50周年を迎えるにあたり

 間もなく52期を迎えますが、創業時の決算変更等の関係で本年が50周年となります。
50th
いろいろ考えていると筆が進みません。
過去の資料を読み返していると、なんと自分も社長就任10周年ではないですか! 
10年前は、今より10歳若かった。
当たり前ではありますが、筆が進まないことを口実に、社長就任時全社員向け初めての発言内容が残っていたので、恥ずかしながら当時の原稿を再録させていただきます。
師事する(株)武蔵野小山社長とケネディー大統領スピーチを足して3で割ったような内容です。

2008年5月17日経営計画発表会より
 42期を迎えるにあたり、代表取締役社長の大役を仰せつかりました。
大変若輩者で心もとないですが、私の任務は渡された「たすき」を次の走者に託すまで走り続けることです。
この経営計画書に書かれた数値目標・方針の最終責任は、それを決定した社長にあります。
しかし社長一人では何もできません。
社員全員、そして協力会社の皆様が価値観を共有しながら、活発に議論し、間違ったらすぐ改め、行動を起こさなければ何も始まりません。
 当社には40年間の歴史と伝統があります。
歴代社長の適切な判断・決定と常にお客様のために尽くしてきた多くの先輩社員が今日の当社の基盤を作っています。しかし時代の変化は我が社の都合を待ってくれません。
昨日の栄光が明日も正しいかどうかも疑わしい今日です。
時代は猛スピードで変化しています。こうした時代だからこそ、変えてはいけないことと、変えねばならないことを峻別し、変えねばならないことはいち早く決定し、行動に移すことが重要です。時としてそれは当社に奥深く根付く文化であるかもしれません。
黙っていては変化に追いつくことはできませんし、人は変化(改革)を好まないものです。
変化することは不安ですし、時として大きな痛みや離反を伴います。
変化できるのは志の高い人のみです。目指すのは、変化に対応できる人財を育て、組織の壁を乗り越えて、全員が顧客のために新しい価値を創造しようと行動に移す集団です。
会社が皆さんのために何をしてくれるかに思いを巡らすのではなく、一人一人が顧客のために何ができるのか、を常に問い続けていただきたいと思います。
 どうか今期もよりいっそうの皆様のご協力をお願いいたします。



代表取締役 川西裕康