ブログ「クロロフィル通信」

2022.08.12 [ クロロフィル通信 | 営業所だより ]

研究農場の紹介

こんにちは、研究農場です。
春に新入社員が1名加わり、社員7名、パートさん1名のスタッフで業務を行っています。

農場では、7~8月は各種作物の片付け作業と、次作の準備作業で忙しい時期になります。
特に片付け作業は、ハウス内は40℃近くになる環境の中での作業になるため、水分補給と休憩をこまめにとり、熱中症に気を付けて作業しています。

次作の準備としては、各種作物の育苗や、畑の準備になります。
写真はトマトとキャベツの苗の様子です。

写真:トマト育苗
トマト育苗
 
写真:キャベツ育苗
 キャベツ育苗

暑い中での育苗なので、温度が上がりすぎていないか、水が不足していないか、毎日こまめな観察が欠かせません。

また、キャベツ・ブロッコリーを定植する畑には、他のハウスで使用したココバッグを入れています。肥料分が含まれたヤシガラなので、良い土壌改良材になります。
廃棄物の有効利用なのでSDGsの『つくる責任つかう責任』ですね

畑にココバッグ

ここ数年は、コロナの影響で農場への来場数が減ってしまい、スタッフ一同寂しく感じています。
そこで『インスタグラム』を最近始めました。直接お越しいただかなくても、農場の状況や最新情報をお届けしたいと思いますので、ぜひインスタもチェックしてみてください! 
(インスタアカウント @toyotane_nojo)

農場へのお越しも、お待ちしております!

*農場視察に関する問い合わせ*
TEL:0532-41-2007(トヨタネ研究農場)
HP問い合わせフォーム:https://www.toyotane.co.jp/contact/
または、担当の営業スタッフまで。


研究農場インスタグラムも更新中!*

2022.08.05 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

経理課をご紹介します

こんにちは。経理課です。

春の組織変更で総務課と分かれて、女性スタッフ5名で経理業務をしています。業務上、総務課と連携・相談することが多いので、総務課の仕事も勉強しながら、経理の専門性も深めたい欲張りな課です。

日々の業務は、月次決算の作成、資金管理、出納作業、税務申告のような会計業務が中心となりますが、社員の健康診断、車両、携帯電話の管理などにも携わっています。

お客様・お取引先様にもご迷惑をおかけしないよう、2023年開始のインボイス制度にも対応できるように登録番号の取得、適格請求書発行と準備も進めています。

経理の大きな役割は会社のお金の流れを明確にすることなので、日々間違いのないよう確認作業を大切にしています。

これからも皆様のお声に耳を傾けながら、お役に立てるよう頑張りますので宜しくお願い致します。

2022.08.05 [ クロロフィル通信 | ご案内 ]

YouTubeトヨタネチャンネルのご紹介

こんにちは!

今日はトヨタネYouTubeチャンネルをご紹介します。
当チャンネルでは、商品紹介、サービス紹介、使い方やメンテナンス動画などを公開中です!
ぜひチェックしてください♪

一部の動画をご紹介します!


①ココバッグをご使用の方へ




②寒藍品種ご紹介!
※ご購入は通販サイトからも可能です♪




今後も更新していきますので、チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

2022.08.02 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

日本初!種子繁殖型イチゴ苗のご紹介

只今ナーセリー課では、日本初の種子繁殖型イチゴ『よつぼし』の定植苗の生産の試験を行っています。

「よつぼし」定植苗生産試験 

種子繁殖型イチゴとは、従来のようなランナーで増殖する栄養系ではなくて、種子から育てる実生系のイチゴ品種です。

☆種子繁殖型イチゴ品種のメリット
1.育苗期間が短縮でき、省力化につながる。
2.種子から育てるので、ランナーによる増殖の手間が無い。
3.育苗期間が短いので、イチゴの重要病害である炭疽病への感染リスクが低減できる。
4.ランナーで増殖しないので、病害の親子間伝染が回避できる。

このようなメリットから、種子繁殖型イチゴは省力化と病害に関するリスクの低減で生産者の方に貢献できる品種だと考えております。

種子繁殖型イチゴは「よつぼし」だけでなく、品種開発も進んでいく予定です。

定植苗生産は、7月、8月のトマト苗のシーズンと重なり、技術的にも課題は多いですが、数量限定での生産を検討しております。販売が出来るようになりましたら、ぜひご検討を頂きたく宜しくお願い申し上げます。

2022.08.01 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

雨ニモマケズ

加工課のある本社ではセミの声が聞こえ始め、夏の始まりを体感しています。

愛知県は6月に梅雨明けが宣言され、徐々に気温も上がってきました。本年は、梅雨明けが早いということで、7月は晴れの日が多い前提で仕事の予定を組んでいました。

ところが…、7月に入ってからもかなり雨の日が多く、出勤日のおよそ半分は雨でした。天気予報も、1週間後の晴れ予報が段々悪くなり、数日前に予報が雨に変わるということが何度かありました。

そのような状況ですが、納品遅れは発生させずに納品させていただいております。通常業務の合間に時間を見つけ、関係部署と配達予定を調整することが、最近の加工課で多く見られる日常です。

写真:雨で配達待ちの予約ビニール
雨で配達待ちの予約ビニール

7月末から愛知県の予想最高気温が30度を超える日が多く見られ、暑さが本格的になります。コロナ感染対策も重要ですが、この時期は熱中症対策をしっかり行い、体調にはくれぐれもお気を付けいただければと存じます。