ブログ「クロロフィル通信」

2017.09.29 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

プロファーム勉強会「千葉」

こんにちは!朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。

先日、千葉方面でプロファームコントローラーと環境制御の勉強会を実施しました。

勉強会in千葉

皆さんプロファームコントローラーを使い始めてこの夏で2作目スタートとなります。

改めてですが、プロファームコントローラーはDENSOとトヨタネが共同開発した統合環境制御装置です。
今回の勉強会では、DENSOの「伝道師」が実質初・県外デビューとなりました!

(「伝道師」とは・・・
DENSO内で、プロファームコントローラーの使い方に精通した専門スタッフのことです。

現在はDENSO実証ハウスで実際にトマトを栽培したり、トヨタネの栽培巡回に同行したりしながら知識・経験のレベルアップを図っているところです。

プロファームでは、トヨタネ営業・栽培フォロー担当スタッフ・サポートセンター・伝道師で連携して生産者様のサポートを行っています。)

トヨタネ・栽培担当スタッフよる冬季に向けた栽培についての話から始まり、伝道師によるプロファームの設定についての説明を行いました。

説明とは言っても、生産者の方のレベルが非常に高く、熱意もあり、私達の方がいろいろと勉強させていただきました。

JAの方や、普及指導員の助けもあり、充実した内容になったと思います。

今後も定期的に情報交換しながら、微力ながら皆さんの夢実現のお手伝いができればなと強く感じました。定植準備の忙しい中、ありがとうございました!

記事 プロファーム事業室 スタッフより

2017.09.27 [ クロロフィル通信 | キセツの話題 ]

秋といえば「ぶどう狩り」!

こんにちは。
先日、三重県名張市にある青蓮寺湖観光村のぶどう狩りに行ってきました。

青蓮寺湖観光村には17軒のぶどう農園がありますので、予約なしで、待ち時間もなくスムーズにぶどう狩りができました。

ぶどう狩りは時間制限なしで食べ放題です。
時間を気にせずゆっくりぶどう狩りを堪能することができました。

ブドウ園
一面ぶどうがこんなに広がっていました。

ブドウ

お弁当や飲み物を持ち込んでも大丈夫でした。
自然にあふれた場所でとても涼しくとても充実した休日を過ごすことが出来ました。
10月31日まで開園しているそうなので是非みなさんもぶどう狩りを体験してみてはどうでしょうか!!

直売所もありました。
採りたての新鮮なぶどうが並んでいました。
こんなにたくさん良いですか?と言いたくなるほどとてもお買い得でした!

安芸クイーン
安芸クイーン(伊賀乙女):糖度は18~20度でとても甘く大きくて食感も最高でした。

紅富士
紅富士:肉質がぱんぱんにしまっていてとてもおいしかったです。

青蓮寺湖ぶどう組合様
ホームページ
http://www.s-budou.jp/index.html

記事 岐阜営業所 スタッフより

2017.09.22 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

愛知県の白菜

こんにちは。
9月も下旬に入り、朝晩はかなり涼しいですね。

今回は愛知県の白菜についてです。
東三河地域を中心に栽培が多く、愛知県は全国4位の出荷量です。
年内~3月頃まで出荷はあり、年明け収穫の白菜には頭部を紐などで縛り結束をします。
重さは1玉3~4kgもあります。

黄みいろ白菜

私も収穫を手伝わさせてもらったことがありますが、重くて調整作業はとても大変でした。
一昔前よりも作付面積は減ってしまいましたが、徹底した管理で高品質の白菜を出荷しています。

白菜はキャベツやブロッコリーよりも根が弱く、生理障害が出やすいです(アンコと呼ばれるもの)。

原因としては、
・根が張れずに、栄養を吸収できない
・石灰が欠乏している
・肥料バランスが崩れている
など、いろいろと考えられます。

弊社としても、グリシンベタイン剤を使い、アンコ対策として試験をしております。

白菜の播種期も終盤に差し掛かっていますが、商品のご紹介です。

【ほまれの極み】
・遅まき、遅植えが可能な品種で、低温結球性に優れる。
一般的には東三河地域ですと、白菜は9月下旬までの播種期ですが、9/末~10/10頃播種で、2月下旬~3月上旬収穫ができます。
・耐寒性と晩抽性にも優れる

記事 豊橋営業所 スタッフより

2017.09.20 [ クロロフィル通信 | トヨタネ社員の日常 ]

「クリケット」というスポーツをご存知ですか?

日本のプロ野球も終盤戦をむかえていますね。
私は仕事でスリランカに出張する機会が多いので、現地のテレビでよく見ます。
するとクリケットの試合が毎日中継されています。
現地の学校でもクリケットをやっています。
クリケット

野球に似たスポーツですが、私はルールがわからないので、見ているだけです。
思いっきり投げたボールを、ワンバウンドでもノーバウンドでも思いっきり打つという印象があります。
野球に似たルールもあります。

身体能力の高いインド人の長い腕から投げられるボールは迫力があります。
日本の超トップ級投手以上の迫力です。

不朽の名作「巨人の星」をインド向けにリメイクしたアニメーション「Rising Star」が制作されるようです。
舞台設定を日本からインドに置き換えるほか、スポーツをインドで人気のクリケットに変更するなどインド版「巨人の星」です。

スリランカでは、Dilmahという紅茶会社がスポンサーになっています。
クリケットは、イギリス、オーストラリア、インド、南アフリカなどの英連邦諸国を中心に大人気で、世界の競技人口はサッカーに次いで世界2位と言われています。

クリケットに比べると、野球はマイナーなスポーツです。
特にインド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュなどの南アジアでは、圧倒的な人気を誇り、トップ選手の年収は30億円を超えます。

クリケットの世界最高峰の大会は、4年に一度開催されるワールドカップで、数億円の年収を稼ぐスーパースターたちが、10万人規模のスタジアムで、壮大で華やかな試合を何日も繰り広げます。

テレビの視聴者数は、15.6億人に上り、単独のスポーツイベントとしては、サッカーに次ぐ規模になります。
正式な試合は、芝生のグラウンドで行われます。

男子の国際規格では横が約140m、縦が約130mの楕円形の競技場(オーバル)でおこなわれます。
クリケットのルールを覚えて、クリケットの試合を楽しみましょう。
注)日本クリケット協会より参照

記事 種苗課 スタッフより

2017.09.19 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

『カルシウム』!欠乏症に。

こんにちは!
露地もハウスも、植え付け時期のピークを過ぎましたね。

これからは花や見をつけたり、葉を伸ばしていったりと、生育期本番に入ってくると思います。
病害虫にやられない為の消毒ももちろん大切ですが、この時期に微量要素など与えておくことも大切です。

例えば、欠乏症を出しやすい『カルシウム』!
カルシウムが欠乏すると、トマトでは尻腐れになったり、キャベツでは葉先枯れになってしまいます。
カルシウムは植物の細胞の「細胞壁」を作る役割があるので、不足してしまうと体の組織がうまく作れず、傷んだり枯れたりしてしまうのです。

しかし、カルシウムは地面にあっても吸収されづらく、植物体内でも移動しにくい性質があります。
カルシウム欠乏が出てからでは欠乏症は抑えられないので、欠乏症が出る前のこの時期から、カルシウムを与えておく事は、対策として有効です。

カルシウムを与えるお薦め資材の一つとして『PSカル』をご紹介します。
PSカルはキレート化されたカルシウムを配合しており、即効的に植物に吸収されていきます。
葉面散布でも使えますが、養液栽培でも使うことができるのが特徴です。

PSカル

やるタイミングとしては、キャベツ等の露地物の場合は、外葉ができて地面に広がる前に散布すると効果的です。

トマト等のハウス物の場合は、実がついて尻腐れが出る前から与えてください。
尻腐れが出てしまっていたら、次の実から出さないようにする対策としては有効です。

カタログ


記事 施設部【施設栽培課】 スタッフより

2017.09.13 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

張替えできないところなどに『強力アグリシート』!

こんにちは!
今日は私のお薦め商品:強力アグリーシートの説明を行います。

アグリシート

私のお薦めポイントは張替えできないところ!

商品のポイントは「高密度と厚みがUPし」ているところですね!

アグリシート
詳細について下のカタログを見てください。
カタログ

記事 安城営業所 スタッフより


~また「防草対策」ソーラーパネル敷設時の他社事例もご紹介します。~
※サカタ製作所様ブログよりコピーさせていただいています。
(サカタ製作所様・日本ワイドクロス様から了承いただいております。)
【 防草シート 】をしないとどうなる??コストパフォーマンスは良いの??
限られた予算、「少しでも経費を削減したい」と思われるお客様も多くいらっしゃいます。
そんな中、「雑草対策=防草シート」は果たしてどれくらい効果があるものなのでしょうか??
除草しないとどうなる??
除草剤を撒いた方が安いのでは??
そんな疑問にお答えします! 
続きはこちら↓
http://a03.hm-f.jp/cc.php?t=D9&a=599&c=59809&d=189a


▮農業ハウス内での通路シートについて
農業関係のハウス内、特に養液栽培で必需品は土壌病害リスク対策で施設内土壌を覆う素材。
30年前のRW普及時は不透水素材が主流でした。

結構不都合が発生、土壌病害菌など遮断ができるものの水溜りができるなどがありました。
ある時生産者の方から水溜りができていると呼ばれて現場へ、良く見るとガラス温室のガラスの合わせからとかフィルムの場合は結露が落ちて水溜りができていましたね。
解決方法、当時シート止めに5寸釘で止めていました。
~ので余っている釘でプスリと下の大地へしみ込ませ解決です。

上司からガラス温室には傘が必要。この人は何を行っているの?
~と思いましたが・・・なるほど、外より雨が降っていましたね!
笑えない現実ですね。

ガラス温室は古くなったりするとガラスがずれて来たり、またフィルムの場合は結露が落ちたり。
当然水溜りの解決方法はシート素材的に織物、編物で排水性の良いものへ。
早い段階で透水素材で長期の素材へ移行したと思います。
ハウス内通路
通路に張られるシートは病害抑制と作業性のため。
特に最近は通路にレールを敷設する場合もあり作業の効率化が図られていますね。
通路も日々変化進化しています。
~ので長期の耐久性を求められます。


編集室




2017.09.11 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

葉物野菜定植シーズン・『フレッシュサンソ』のご紹介

9月に入り、キャベツ、ブロッコリーなど、葉物野菜の定植シーズンに入りました。
そこで本日はフレッシュサンソのご紹介です。

フレッシュサンソはトヨタネが販売しております、酸素供給剤です。
タイプとしては、粒剤、液剤の2種類あります。

粒剤は土中にすき込むことで、4か月間、作物に酸素を供給します。
フレッシュサンソ粒剤

一方液剤は潅注することで即効的に酸素を供給します。
フレッシュサンソ液剤
土中で酸素濃度が高くなると、作物の根張りを改善(養水分の吸収低下を改善)、土中の嫌気性微生物の繁殖を抑制が期待されます。

また、粒剤に関しては排水性の改善、液剤に関しては葉面散布することによって、豪雨後に付着した葉面のごみを剥離する効果も期待されます。

定植前に粒剤、定植後に液剤を使用することで増収につなげていただければと思います。

さらに詳しく知りたい方はトヨタネホームページにも記載されていますので、ご覧になってください。

記事 静岡営業所 スタッフより

2017.09.09 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

天敵資材『チリトップ』ご紹介

皆さんこんにちは。
今月は多くのイチゴ生産者の方が定植する月だと思います。

今日は定植後、ハダニ類を捕食するチリカブリダニをボトルに封入した天敵資材『チリトップ』をご紹介します。
チリトップ チリカブリダニ剤
まずハダニが発生して放置してしまうと・・・
樹勢が弱まり、株がわい化し果実の肥大が悪くなってしまいます。

『チリトップ』に封入されているチリカブリダニはハダニ類のみを捕食し、ハウス内の発生密度を抑制させます。
特にハダニ類の卵を好みます。チリカブリダニの卵は、湿度70%以下になると極端に孵化率が下がるため、定着させるにはハウス内の湿度を高めに保つ必要もあります。

導入のタイミングは1~2ヶ所のポイントでハダニ類の発生を確認できた時から導入を開始してください。
10aあたり、1週間毎に3ボトル(2000頭/ボトル)を3回導入するのが理想的です。

既にハダニ類が大量発生している際は、チリトップに影響の少ない薬剤を散布後に導入をしてください。
チリトップチラシ表

カタログ
気になる方は弊社スタッフまでお申し付けください。

記事 浜岡営業所 スタッフより

2017.09.08 [ クロロフィル通信 | キセツの話題 ]

キワノ!

先日、当ブログで緑のカーテンを紹介いたしました。


「キワノとスズメウリの実が色づきました!」
(↑クリックすると該当ブログに移動します )

緑のカーテンで「キワノ」と呼ばれる果実を育てました。

今回はじめてキワノを食べましたので紹介したいと思います。


キワノの外見はこちらです。

大きいコンペイトウのような見かけです。

前回ブログで実は緑色でしたが黄色に変化しました。


カットするとこのような感じでした。


実は緑色で種が多いですがどのような味なのか…。

実の色からキウイを想像して口に入れました。


その味は…。

「何も味がしない? ……少しすっぱいかな?」

という感じでした。


外見や実のハデな印象とは違い、

味はとても薄く少し酸味がある感じでした。

なんとも表現しづらい味でしたが、

言葉にするとこのような感じでした。


記事 営業部 スタッフより

2017.09.05 [ クロロフィル通信 | トヨタネ社員の日常 ]

「プチヴェール」とパイナップルとメダカ

こんにちは。
もう9月、今年もあと3ヶ月ですね。
豊川営業所では夏の家庭菜園で「キャンディランタン(食用ほうずき)」と胡瓜に調整し、ちょこっと収穫できました。
やはり虫が天敵でした…。
現在は「プチヴェール」とパイナップルとメダカをお世話しています。

プチヴェールはやはり!虫に喰われました…。

プチヴェール

今年は乾燥で虫が多い年ですね。

パイナップルは瀕死の状態から課員の看病により生まれかわり立派な姿です。

パイナップル

収穫出来たら報告します!

記事 豊川営業所 スタッフより