ブログ「クロロフィル通信」

2020.02.28 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

🌽 スイートコーンおすすめ品種

こんにちは。(´∀`*)!
今回はスイートコーンの『ゴールドラッシュ』シリーズをご紹介いたします!

ゴールドラッシュシリーズは熟期によって5品種があります。

◎ゴールドラッシュ

熟期目安
特徴
ゴールドラッシュ 83~84日
皮がやわらかく、爽やかな甘みでおいしい。
発芽と低温伸張性がよく『早い作型から安定』して栽培できる。

◎ゴールドラッシュネオ

熟期目安
特徴
ゴールドラッシュネオ  82~83日  
背丈や穂が大きく、『収量性』が高い。ゴールドラッシュ同様おいしい。

◎ゴールドラッシュ86、ゴールドラッシュ88

熟期目安 特徴
ゴールドラッシュ86 86日88日 高温期でもしなびにくい、『収穫適期が長い』。ゴールドラッシュより『一回り大』。

◎ゴールドラッシュ90

熟期目安 特徴
ゴールドラッシュ90 90日 根量が多く、非常に倒れづらい。先端不稔が少なく、『穂揃いが良い』。

ゴールドラッシュ新聞折込

品種相談などのお問い合わせは最寄り営業所、
または種苗担当までお願いいたします。

スタッフ

記事 種苗課スタッフ

2020.02.26 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

予約ビニール注文加工中!

毎年、弊社をご贔屓下さいましてありがとうございます。
2月も後半になり、
ビニールの予約注文が入ってきました。

予約のご注文は入荷・加工・納品など
効率的におこなうことができ、
加工に必要な時間が計算しやすく、
とても助かります。


予約ビニール
現在の加工場にある予約ビニールの一部です。


加工場ではありませんが、
社内の肥料の在庫も増えてきました。
肥料
写真は社内の肥料を保管しているパレットです。
1月と比べ在庫が増加しています。

気温も低くまだまだ冬という感じですが、
予約の注文や社内の在庫を見て
一足早い「春」の気配を感じる今日この頃です。

記事 加工場 スタッフ

2020.02.25 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

ProFarm製品カタログを刷新しました!

こんにちは。
ProFarm製品のカタログを刷新しました!

下記のような表紙となりました。

ProFarmカタログ表紙

ダウンロードページからお確かめください。

詳細は、下記URLをご確認ください。
■「ProFarm製品」紹介ページ下部からカタログダウンロード
【環境制御】
【ProFarm】スライダー画面

編集室

2020.02.08 [ クロロフィル通信 | 関係情報から ]

「徳島きゅうりタウン」の動画、現在公開中のようです。

こんにちは
きのう関係者から情報提供がありました。
内容は「徳島きゅうりタウン」について
徳島ローカルで紹介された。

◎昨年よりプロファームを導入している。
◎ココバッグ栽培できゅうりを栽培している。

インターネット
とく6セレクション】クリック
または https://www4.nhk.or.jp/P2799/194/ クリックで視聴できます。
スマホの場合はタップで視聴できます。
タイトル:最新技術できゅうり栽培を(2月5日放送)

動画

なお公開期間は3月末ぐらいと思います。
関心のある方はお早めに視聴ください。


編集室

2020.02.04 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

「パンジー映え」inしんしん明和店

こんにちは。!(*^o^*)!
松阪営業所です。

今回は、しんしん明和店についてお話させて頂きます。
下の写真は秋から販売しているパンジーなのですが、この時期だと
購入される方が少ないかと思います。
そこでパートさんが見かねて玄関の壁掛け用にパンジーをアレンジ
して頂きました。

お店の入り口に飾ってあります。
色んな種類で華やかさが癒やされます。
パンジー映え1

緑のカゴは、リンゴや梨などを入れる手提げカゴです。
そこに、緑化テープ(木の幹焼け防止に使用する)を敷いてポット鉢
2個入れてS字フックを引っ掛けたらオシャレなハンキングの出来上がりです。

パンジー映え3


パンジー映え5

是非お立ち寄り下さい。

(しんしん明和店です。)
しんしん明和店

記事松阪営業所スタッフ


2020.02.03 [ クロロフィル通信 | 編集室だより ]

「映え」する写真としない写真?

こんにちは(*^o^*)#
研究農場を訪れたとき必ず写真を撮るよう心がけています。
ただし見た目「映え」が難しいのがキュウリやエンドウ、パプリカ。
下の写真のように葉の色と果実の色があまり変わらない。
分からないのです。

キュウリ栽培 キュウリ栽培のキュウリ
キュウリ栽培試験(RW栽培、ココバッグ栽培)

トマトやイチゴは一般的に赤色で果実数も多い。
今で言う「映え」が違うのです。

写真を撮るとき見た目に近い撮影が出来ないものかと思います。
撮ったあと画像を見たとき「うーん」なんです。
「いいね」現実難しいのです。

パプリカなどは色は色々ありますが、一般的に流通しているのは黄色と赤色。
オレンジもあります。他の色もありますが需要が少ないなど。

パプリカ 豌豆スジナイン
左:パプリカ栽培・右:豌豆スジナイン

イチゴの場合は観光イチゴが成り立っていることを考えると
最も「映え」する作物、来た人の感動は見た目良し、
食べて良し、体験して良しの「映え」する作物と思います。

イチゴ栽培

このイチゴ栽培の写真から判断できることは
花が咲いたときや果実肥大初期は上に向かっています。

果実肥大とともに下に降りていきます。
場合のより果房折れなどがしやすい品種もあります。
ので果房折れ対策がされています。
果房が折れると、栄養が果実にいきにくなるので味が落ちやすい傾向にあります。

またイチゴのブツブツは何?
これって果実、種子はこの中。
実際に見たことはありませんが。

イチゴ果実

イチゴはバラ科と言われますがどこがバラなのと思います。
種子に見えている一粒一粒の痩果が付いた花托部分を食べる。

果実数と色を考えると食べるものでは「イチゴ」が「映え」する【作物写真】ではと感じる次第です。

記事総務課スタッフ