ブログ「クロロフィル通信」

2016.06.30 [ クロロフィル通信 | 編集室だより ]

実証ハウスだより6月号

 弊社では、豊橋市内で実際にトマト栽培を行いながら
Profarmシリーズの導入効果検証を、実証ハウスで行っております。
 これから毎月、実証ハウスの様子や情報を『実証ハウス通信』という形で、掲載していきたいと思います。
実証ハウスに興味のある方は是非ご覧下さい。

記事 プロファーム事業室 スタッフより

2016.06.29 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

『次世代型こうち新施設園芸技術フェアー』に出展しました。

 『次世代型こうち新施設園芸技術フェアー』に初出展いたしました。
会場は高知県高知市『ちばさんセンター大ホール』にて開催されました。

主催:高知県次世代型施設園芸団地推進協議会
目的:収量・品質を高め農家所得の向上を図るため
開催期間:2016年6月23日(木)~24日(金)

 高知県の農業生産額は年々減少傾向あるようです。
また高知県だけでなく施設園芸面積は全国減少傾向です。
県の目標1050億円を達成する為にも、飛躍的な増収技術の開発と
担い手の確保・育成が重要との認識があります。

 この課題を克服するための取組の一環として今回の展示会が計画されました。
CO2濃度制御技術の普及に現在取組を始めているようです。

 取組の結果として、ナス・ピーマン等の収量が増加している報告があります。
高知県として『県環境制御技術導入加速化事業』を創設して普及を図っていかれるようです。

 若手施設園芸農家グループが環境測定を開始して、結果としてCO2濃度不足が確認されました。
生産性と密接な相関関係が認識されました。

 この結果として温度管理・湿度管理・CO2濃度管理の重要性が認識され、
環境制御の勉強会・検討会が盛んに取り組まれているようです。

 収量増収は、所得の向上にもなり施設園芸農家の技術意識や経営意識も変わっていきます。
技術革新で施設園芸農家の担い手の確保が図れることが期待出来ると考えます。

 弊社・デンソー出展ブースではデンソー製環境制御「プロファームシリーズ」、
弊社栽培システム「ココバッグ栽培と普及タイプ「環境制御シリーズ」を出展させていただきました。


(会場風景(会場奥セミナー)、デンソー・弊社ブース)


 (展示会場で配布された主なパンフレット)
 
 施設園芸の先進地「高知県」、かつて弊社創設時は多くを学び今の発展があります。
身近なもので今でも必需品のハウスのフィルム押さえバンドのハウスマイカ線の
マイカの語源は高知からと聞いております。確かではございませんが?

また施設園芸で重要な暖房機などもありました。

 施設園芸面積の減少傾向は今後も続くと考えられます。トータルのクオリティーを高め生産性と品質、安定供給できる体制作りが必要と考えます。
 今私たちに出来ることは何か、新たなと取組、仕組み、人と人の係わり合いと考えます。
微力ですが日本の農業、食品など少しでもより良き形に提案協力出来ればと考えます。

記事 プロファーム事業室スタッフ 補足 経営企画課スタッフ
 気温も湿度も高い日が続きます。
熱中症には要注意ですね。

 「スイカ」が熱中症対策にぴったりとの情報を得ました!!
(前回のブログ記事もスイカだったような…)

 水分が90%以上と非常に豊富で、糖分・カリウム・カルシウム・マグネシウム…
様々なミネラルも含まれているのでかなりの効果が期待できます。

 夏にぴったりの西瓜ですが、先日当社農場にて試作調査が行われました。
通常は農場でやることがほとんどなのですが

 今回は田原営業所でもミニ調査を行いました!!
田原の生産者の方に作っていただいた、4種の食味のみの検討会です。



 消費者目線の調査ですね。

《 糖度は11.2度、11.2度、11.8度、12度。 》

舌の肥えた??営業所員4名の投票の末…
それぞれ1票ずつという結果となりました!!!



 糖度だけでなく、食感やコクの違いで好みは分かれるものですね。
ここに栽培性や見た目の差も考慮するとまた違った結果になりそうです。

【食べてみて 初めて分かる 品種の差】

食味も含めた品種特性をお伝えできるよう
日々勉強していきたいと思います!!


記事 田原営業所 スタッフより

2016.06.24 [ クロロフィル通信 | 試作調査 ]

スイカ試作調査

 皆様こんにちは。
梅雨に入り、じめじめした日が続きますね~
先日、スイカの生育調査に行ってきました。




 玉の外観や内観、食味等を調査します。
食べ比べてみると、微妙に糖度や食感の違いがあります。
人によって、あっさりしたスイカがいいですとか、シャリ感を重視するなど好みがあるかと思います。

 他にもこの時期ですと、スイートコーンやメロンの調査があります。
有望品種は継続して何年か試験をしていきます。
産地に求められる良い品種を見つけていけるよう努力していきます!

記事 豊橋営業所 スタッフより

2016.06.22 [ クロロフィル通信 | 編集室だより ]

トヨタネ新ユニフォーム早1ヶ月!

 社名変更にともない夏季用「新ユニフォーム」半袖シャツになり1ヶ月近く経過しました。
改めてユニフォームについて思い出してみました。

 私が入社した当時は黄色の半袖シャツでした。
イメージ的にはマヨネーズの色に近いと思いました。
この半袖シャツにネクタイを締め営業活動をしていました。
営業マンでしたね。

 営業マンという言葉は死語と思いますが結構若い人は今でも使いますね。
最近は女性の営業の方も一般的になり表現的には営業スタッフ(営業員)が一般的と思います。
一時期営業パースンという言い方もあったと思いますが馴染めなかったと思います。

 本題に戻りその後ユニフォームは青色となりました。
下の画像は「ユニフォーム」半袖シャツの変遷です。

 左①~右④へ変わっていきました。
左から2番目はポロシャツで選択が出来ました。

無理やり袋に入れて持ってきましたのでシワだらけですね。

①初期型半袖シャツ
日本製
素材不明:着た感じはよかった。
特徴:胸ポケット左右あり便利でした。


②ポロシャツ
ベトナム製
素材:綿60%・ポリエステル40%
特徴:着心地良く。アクティブな営業向け


③最終タイプ半袖シャツ
中国製
素材:ポリエステル25%・綿75%
特徴:胸ポケット、左のみ。
洗濯条件:ネット
コメント:素材感ゴワゴワ感があり良くなかった。胸ポケットが1個で不便で不評。


④新社名対応ユニフォーム半袖シャツ
中国製
素材:ポリエステル90%・キュプラ10%
洗濯条件:ネット
コメント:胸ポケットが左右になり便利となった。

素材感:風合いはよくなった。
素材について:以前の半袖シャツの素材には綿が使用されていたがその代わりにキュプラが使用されている。

キュプラって何???

 キュプラについて調べてみました。
キュプラはレーヨンなどと同じ再生繊維で、主原料をコットン・リンターで、銅アンモニア溶液で繊維を溶かして紡糸しています。

  キュプラは銅の意味で製造法からきた名称のようです。
キュプラは別名「ペンベルグ」とも呼ぱれています。

 ベンベルグと聞いてCMでお馴染みの旭化成、これなら知っています。
ただしベンベルグって何?

 実際のところ知らないのが一般的ですね!
キュプラは一般名称で、ペンペルグは旭化成の商標名。商標名は品質表示では使用できません。

【繊維の特徴】
・吸湿性、放湿性がある。・・・・なるほど天然繊維「綿」の特徴ですね!
・優雅な光沢を持っている。
・やわらかくしなやかなので、ドレープ性がある。
・染色性が優れている。
・静電気が起きにくい。 ・・・・なるほどですね!

ここからが大事ですね!
【取扱い注意事項】
・ゴシゴシ洗ったり固く絞ることは避ける。
・摩擦によって繊維が毛羽立ちしやすい。
特に湿潤時に起き易いので、シミ等が付着した場合はこすらずに乾いたタオルで叩く。

 ユニフォームはお客様と接する顔のようなもの大事にしたいですね。
これから長い付き合いとなる新ユニフォーム「半袖シャツ」見ていただければと思います。
左胸ポケット上にToyoTaneのロゴ、右半袖部分にはトヨタネの「シンボルマーク」が決まっています。



記事 経営企画課 スタッフより

2016.06.20 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

パッションフルーツの花が咲きました

こんにちは。
昨年、お客様よりいただいたパッションフルーツが花をつけました。



別名で果物時計草というだけあって、時計の文字盤に似ていますね。



いただいたお客様からは、鉢上げをするともっと大きくなるので、
これからの季節にはグリーンカーテンにもよいとのことでした。

少し調べてみたところ、生長が旺盛で病害虫の心配もほとんどなく簡単に育てることができるようです。
葉っぱは、夏の暑いときでも萎れず、秋ごろまで枯れずに綺麗な状態を保つことができるため、近年では
グリーンカーテンとして、注目され始めているとのこと。
花も実も楽しめる緑のカーテンなんて、素敵ですね。

無事実がなるよう、大事に育てたいと思います!


記事 安城営業所 スタッフより

2016.06.17 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

「鉄力あくあF14」ほう素欠乏症などにお奨め!

こんにちは!

 日曜日に近くのスーパーに買い物に行きをしました。
その時、気になった野菜について。

 野菜の中でトマトはもちろんの事、ブロッコリーは外せない野菜です。

 下の画像のブロッコリー、空洞症状が出ています。
この時期は生育が早いため出易いようです。
結果的に見た目が悪く美味くなさそうです。



 買うときは空洞症状が無いものを買いますが包丁で切りますとそれなりに空洞症状が見られました。
改めて弊社のカタログ「たね&施設」の16ページ(ブロッコリー)を見ますと鉄力あくあF14が載っていました。






上の画像をクリックしていただくと内容と使用方法が書かれていますので参考にしてください。

※使用方法に間違いがございます。
誤り (酸性の薬剤との混用は出来ません) ⇒ 正 (アルカリ性の薬剤との混用はできません)

記事 編集室 スタッフより

2016.06.16 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

空動扇

こんにちは。

『空動扇』のご紹介をいたします。
「空動扇使用マニュアル」



上画像:当社栽培試験ハウスにも設置されています。

下画像:ハウス内部、取り付け状況です。




▮特徴
・エコ
・電源不要
・安心・安全
・ハウス内温度の調整
・ハウス内空気の循環
以上の特徴を持っています。

 ご興味のある方はお気軽に各営業所までご連絡下さい。
御見積りも承ります。

記事 静岡営業所一同

*************************
編集者より
 韓国を訪れると農業関係者に目に止まる換気装置です。
釜山から全羅南道・光州へ向かう高速道路から多く見られます。
また仁川から光州へ向かう間でも同様で韓国全土に普及しています。

 もう一点気になる事柄は山の麓に墓地が延々と見られます。
市街地ではハンプが結構気になるところです。

 ハンプとは路面上に設ける自動車用「過速防止の隆起」の事を指します。
韓国語:과속방지 턱(カタカナイメージ:カソクパンジ トク)といいます。
漢字で書くと:過速防止隆起、納得ですね!
40歳以上の方は漢字も習ったようです。

 仕組み的には大変良いと思います。
日本の狭い道路や学校周辺など導入したらよいと思います。
残念ながら写真は撮って有りません。


2016.06.15 [ クロロフィル通信 | トヨタネ社員の日常 ]

< ♬ 花 ♬ 美化活動!>浜松営業所

 こんにちは浜松営業所からチョットしたお知らせです。
先日営業所前に花を植えました。



 来客される農家さんや、メーカーの方に少しでも目の保養になればと・・・。
営業所にお越しの際は入口の東側に少し目を向けて頂けたらと思います。

 梅雨入りしましたが、今年東海地区の雨は少ないでしょうか?
雨が降ってしまうとハウス建設工事が進みません。
また梅雨時の今、雨が降らないと夏に水不足の不安があります。


 良くも悪くも、梅雨って本当に必要ですね!

 
 近年は「例年の天候」が通用しなくなってきていると感じています。
体調管理には気をつけてこの夏を乗り越えていきましょう。

記事 浜松営業所 スタッフ一同より

2016.06.14 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

レール式収穫台車

 皆さんこんにちは。



今日はレール式収穫台車についてご紹介します。




 上記写真のように、ハウス内には矢崎化工製イレクターパイプでレールが敷かれています。
※間口方向にも奥行き方向(ベンチ間)にも敷かれています。

 そのレールに収穫台車を走らせ、収穫台車には収穫用コンテナを載せ収穫物を入れたり、
葉かき処理した葉を入れたりすることが可能です。

 タイヤはレール用に合ったキャスターを取り付けします。
空荷の際はびっくりするほど滑らかに動きます。
レールとキャスターの抵抗摩擦が少ないからです。

 収穫物を沢山載せても、思った以上に簡単に収穫台車を動かすことができます。
キャスター1つに対し、50kgの耐荷重があります。
4輪(キャスター4つ)仕様であれば、200kgの耐荷重があることになります。

 価格はレール同様、イレクターパイプで組まれていることから安価にご購入が可能です。
またイレクターパイプを使用していることから、加工次第では希望の大きさ、
形にすることが可能で基本的にオーダーメイドになります。

是非、収穫作業の軽減化を計っている方はレール及びレール式収穫台車をご検討ください。



記事 浜岡営業所 スタッフより

2016.06.13 [ クロロフィル通信 | 編集室だより ]

本社も新しい看板です!

先日の記事で浜松営業所の

看板について紹介しました。

『社名変更に伴う看板の交換 浜松営業所』
(↑クリックすると該当ブログに移動いたします。)


本社の看板も新しくなりましたので、

紹介させていただこうと思います。


5月までの社屋屋上看板がこちらで、



現在の屋上看板は

このように新しくなりました。

259号線からも良く見えます。


遠くから見てわかる大きな看板ですので、

渥美線や車で本社にお見えの際は

カラフルな看板を目印にお越し下さい!



記事 営業部 スタッフより



旧看板画像は

「googleマップ」(https://www.google.co.jp/maps/@34.7254717,137.3784824,3a,75y,273.61h,99.37t/data=!3m6!1e1!3m4!1sVKQ3x61aqud6-tuRlSYp9w!2e0!7i13312!8i6656

よりお借りしました。(2016年6月11日)

2016.06.09 [ クロロフィル通信 | 編集室だより ]

ブドウ雨除けハウスの思い出!

 今から約30年前のブドウ雨除けハウスの資料が残っていました。
当時の写真をスキャンしてPDFデータとして残したものです。
4枚しか残っていません。

記憶を頼りにブログ記事を書いてみます。

このハウスの規格
間口4m×軒高約2.5~2.7m位
主骨材:直径38.1mm×長さ5500mmをアーチ状に曲げたものです。
スパン:2750、(この間は概ね450mmで直径19.1のアーチパイプを取り付け。)
被覆フィルム:農サクビ(厚み0.075×幅5400×100m)・外側棟(幅7200)

この写真では谷にレインペットが取り付けてありますが標準は雨水を利用するためにありません。

  


 妻面はこの写真では妻柱材は直径38.1とビニペットを使用していますが当初の設計では
直径22.2パイプを縦横使用して妻面フィルムはパッカーで押さえていました。

 この仕様変更は良い材料使い部品点数減らしコストダウンと同時に強度アップ、施工のスピードアップ、
その後のフィルム張りのし易さを狙いました。

 シンプルがベストです。
材料色々計算をしてこれでいけると判断して仕様を変えました。

  このハウスの特徴で一番なのは一部部品の代わりに番線使用していることです。
規格ユタカ 5種メッキ線 10番線(太さ 径3.6mm×50kg)

 主骨材と主骨材同士を留める。
中間のアーチとアーチが合わさる谷の留めに使用する。

 このユタカ線は一般的に半鋼線と言われ鋼線より柔らかめで作業しやすく捻っても捻じ切れない。
見た目は黄金色ですね!(捻る工具は、ラチェットやドライバーなど)

 これを部品に代替するとなるとコストアップになります。
雨除けハウスに求められるのはやはりコスト、大事です。



 ブドウ雨除け施設は色々とあります。
愛知県内だけでも空洞のプラスチック線材を使ったもの。
ワイナリーなどの雨除け施設、静岡方面での方式。

 私が見 たものでユニークと思えたのが大阪方面の雨除け施設。
この施設の外張りフィルムは全て原反張り230~270幅位でここでのハウスはどちらかと言うとパイ プ支柱で谷山を作ってフィルムを展張、表現的にはフィルムハウスのイメージを受けました。
換気は原反と原反の間を空けて開閉しているようでした。(画像左をクリックしますと右上)

 当時(旧名:食とみどり)羽曳野の試験場へ時々試験の関係で訪問していました。
その当時の出張報告書内画像を取り出してみました。(2003年4月2日撮影)


駒ヶ谷のブドウ(種無しデラウエア)


 最後に私が出来なかったこと、標準化です。
身の回りを見ますと基本的な規格の基が尺貫法が基準となっていることが結構あります。
農業資材のマルチやフィルムの幅、田・畑の大きさ、建物、事務所内にあるもの、少なくないです。


 施設園芸で使用しているハウス、全国的な施設面積は減ってきています。
圧倒的に多い施設はパイプハウス。

 これに代わる次世代型の安価なものが見当たりません。
昔あったハウス、キュウリなどの2間間口のアングル(L鋼)ハウス、ステンレス(L鋼)を使用したハウス、昔あったハウスも参考で頭の中で描いてみますがそれらの販売経験も無く、長所短所の特徴が分からないのでイメージングが難しいですね。現実いいアイデア出てきません。もしアイデアが出ても1人では出来ません。
標準化、強度計算、目標とするコスト・求められる販売価格、作業性、栽培性、環境性、使用する鉄骨目標重量・・・
中々難しいですね。

 記事の終わりにここの地域雨除けハウスで栽培している種無しブドウ(巨峰)は大変美味しかったです。
生産者の方の庭先で販売しているものを買ってくる別格でした!

記事 経営企画課 スタッフより

2016.06.07 [ クロロフィル通信 | トヨタネ社員の日常 ]

6/5 豊川リレーマラソンに参加しました!!

こんにちは。

 6/5(日曜日)に行われた豊川リレーマラソンに弊社社員も参加しました。
今年は社名を変更してからの参加ということで、
去年よりも多い30名が3チームに分かれ、新トヨタネTシャツを着て走りました。

新トヨタネTシャツはカラーも刷新し、シンボルマークも変わりました。

 当日は、朝から雨が降っていましたが、大会がスタートをしてからは雨はやんだので良かったです。
切磋琢磨しながらも和気藹々で、今年の新入社員からベテラン社員まで幅広い世代が走り、
良い汗を流していました!



 今回はもっとも早いトヨタネチームが3時間03分だったので3時間を切れるように日々トレーニングをして、
また来年リベンジしたいです!



   参加者達の集合写真です。



記事 豊川営業所 スタッフより

2016.06.06 [ クロロフィル通信 | オススメ商品 ]

さつまいも苗の定植は、お済ですか?

 こんにちは!
本社店舗からのお知らせです。

 店舗に近いお住まいの方へ。
さつまいもの定植も、後半の時期になりました。
まだ、これからの方ぜひ、トヨタネ店舗へ!!


定植して1ヶ月くらい?


 弊社店舗への苗入荷は毎週【月曜日・木曜日】です。
最終入荷日は 6/20(月)までとなっております。
《《《 ご予約 》》》 お待ちしております。

秋の収穫が楽しみですね!




記事 店舗課 スタッフより

【参考資料】編集者


今から7年前、サツマイモの試験をやってみました。(2009年資料)
栽培経験が全く無い筆者です。表現等についてご容赦ください。

2016.06.02 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

マリンメッセ福岡より!

開催会場「マリンメッセ福岡」外観です。

第2回九州アグロ・イノベーション開催中です。

開催期間2016年6月2日(木)~3日(金)

デンソーさんの講演を皆様熱心に聞いてくださっていました。

またブースにも非常に沢山のかたにご来場頂きまして
まことにありがとうございました。


明日もお待ちしています。


記事 施設栽培課 スタッフより



昨年初開催のブース状況です。

 第1回九州アグロイノベーション

九州では初めての開催のため、どんな雰囲気なのか、、、
スタッフも少し緊張の面持ちでした。

 トヨタネ&DENSOブースでは、プロファームコントローラー、
ココバッグ栽培システムなどを展示していました。

 初日は開始からブースは賑やか。
九州地区の農家さんを始め、企業や官公庁の方など370名の方に立ち寄っていただきました。

会期: 2015623日(火)~2015624日(水)10001700

 会場: マリンメッセ福岡


 


2016.06.01 [ クロロフィル通信 | キセツの話題 ]

~さくらんぼ~ 山梨県!

 こんにちは。
山梨県のさくらんぼを買ってきました。



う~ん、甘い!


 木は「桜桃」、実は「さくらんぼ」、実を加工した後は「チェリー」と呼ばれることが多いそうです。

 「桜の坊」がなまってさくらんぼになったとかならなかったとか・・・。


記事 渥美営業所 スタッフより