ブログ「クロロフィル通信」

2012.02.13 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

小松菜生産の株式会社サンリーフ様を訪問しました。

愛知県豊橋市で小松菜を周年出荷されている株式会社サンリーフ様を訪問しました。

ハウスの様子

 株式会社サンリーフさんは、2haのハウスを持ち、安心安全な小松菜を周年で生産されています。
年間のハウス当たりの生産の回転数は驚異の年間10作!!


ハウス内の様子

見せていただいたハウスは、新設でピカピカでした。
ハウスの軒高は高く、換気の為の開口部は全て防虫ネットが張られており、農薬の使用を極力控えた生産をされています。


小松菜は潅水が非常に重要で、頭用に吊るされた『スピンネット』というノズルで均一に潅水されており、生育が揃っています。

スピンネット

ハウスの基礎は従来式のものでは無く、タッピングパイルという頑丈な杭を使い、建設のコスト削減と、風に対する強さを実現しています。

タッピングパイル基礎

サンリーフ様を訪問して、最新のハウス設備と生産技術に感動して帰ってまいりました。
サンリーフ様見学させていただきましてありがとうございました。

種苗課 坂神


前の記事を見る

次の記事を見る

トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.toyotane.co.jp/p/trackback/000203

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

前の記事を見る

次の記事を見る