ブログ「クロロフィル通信」

2022.06.11 [ クロロフィル通信 | オフィスだより ]

位置情報伝達の変化

こんにちは、浜岡営業所です。

今シーズンから浜岡営業所は、春の人事異動で営業スタッフ4名、種苗担当スタッフ1名、事務スタッフ2名の総勢7名になりました。
今後も、お客様より1番目にお電話をいただけるよう、皆で取組んでまいりますので、よろしくお願いします。

今回は、ハウス建設工事等を依頼する職人さんとの「位置情報伝達の変化」についてお話します。

お客様からハウス建設工事関連のお仕事をいただくと、職人さんに工事現場を伝える為、必ず現場地図が必要となります。
昭和の時代は、全て紙とFAXで現場地図のやり取りしていました。その為、職人さんに届くのも時間がかかり、地図が曖昧だと職人さんが現場に到着できない事もありました。

次に使ったのがGoogleで出た地図をそのまま印刷する方法です。これは手書きで書くより正確で、間違いがありません。慣れてくれば用意する時間も短縮できます。さらに最近では、Googleで検索し位置情報が入ったものを印刷するようになりました。場合によっては、直接職人さんに携帯電話から位置情報を送っている営業スタッフもいます。

携帯電話・カーナビが当たり前の時代で、営業スタッフが事務所に戻ってから「地図はFAXしておきます」という会話は無くなり、「今から携帯に位置情報送ります」に変化しているのです。スピード優先、正確性優先と、本当に便利で早く正確に情報を送ることができる時代になりました。時代に乗り遅れないよう、これら機器類の有効活用については、日々勉強の積み重ねとなりそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.toyotane.co.jp/p/trackback/002143

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。