ブログ「農場日記」

2022.08.10 [ 農場日記 | 農場プレゼンツ ]

トマト苗を鉢上げしました

こんにちは。

研究農場では、昨年8月に定植したトマトの栽培が今年7月で終了し、一息つく間も無く、次作の育苗が始まっています。先日はココバッグに定植するトマト苗の『鉢上げ』を行いました。

ココバッグでは、通常はポット苗を使用し、1ポットに2本の苗が植えられています。
ポットに直接タネを播けば簡単なように思いますが、発芽率が100%ではないのと、発芽したとしても状態の悪い苗も一部は出てしまうため、一度トレーに播種をして、改めてポットに鉢上げを行うことで、2本がキレイに揃ったポットに仕上がります。

手順を簡単にご紹介します。

①ポットに培土を詰めます。ポットは、ココバッグ用の『スルーホールポット』に黒ポリ鉢を重ねて2重にしてあります(写真ではわかりにくいですね)。土の量も一定になるように注意します。

トマト鉢上げ① 

②トレーに播種して発芽した苗です。ここから良いものだけを選別します。

トマト鉢上げ②

③根を切らないように注意して1本1本掘り取ります。

トマト鉢上げ③

④1ポットに2本植え付けます。この時も根を痛めないように注意します。

トマト鉢上げ④

⑤完成です!ここから2週間ほどでココバッグへ定植となります。

 トマト鉢上げ⑤
 
『苗半作』と言われるように、育苗での丁寧な仕事が、本圃へ定植後のスムーズな活着や初期収量に大きく影響しますので、暑い中ですが気合いを入れて作業をしています。今後は、定植後の様子も定期的にご紹介していこうと思いますので、ご期待ください。


*農場視察に関する問い合わせ*
TEL:0532-41-2007(トヨタネ研究農場)
HP問い合わせフォーム:https://www.toyotane.co.jp/contact/
または、担当の営業スタッフまで。

2022.08.04 [ 農場日記 | 農場プレゼンツ ]

アールスメロン収穫

こんにちは!
5月中旬に定植をして、栽培していたアールスメロンを収穫しました🍈

今回は、アールスメロンの成長の様子を紹介します。

☆交配から一週間後の様子です。
交配から一週間のアールスメロン
 
☆交配から二週間経つと少しずつ割れてきました。
交配から二週間後のアールスメロン
 
☆ネットが出揃い、ようやくアールスメロンらしい見た目になりました。
ネットが出揃うアールスメロン
 
☆どんどん肥大させていき、収獲前にはだいぶ大きくなりました。
収穫前のアールスメロン


今年の作型は、梅雨明けが早い、暑い日が多いなど、天候に左右されましたが
無事に栽培を終えることができました🌱

*農場視察に関する問い合わせ*
TEL:0532-41-2007(トヨタネ研究農場)
HP問い合わせフォーム:https://www.toyotane.co.jp/contact/
または、担当の営業スタッフまで。