ブログ「農場日記」

2022.06.28 [ 農場日記 | 農場プレゼンツ ]

ハウス「スナップ豌豆」の輪作作目に「ミニ胡瓜栽培」はいかがですか

 スナップ豌豆の後作として、アースルメロン(春秋系・夏系)、ニガウリ等が栽培されておりますが、6月~9月中旬で胡瓜の組み合わせも考えられます。
秋にココバックでスナップ豌豆を栽培しましたが、その継続でココバックにてミニ胡瓜を9月中旬まで栽培展示を行います。
ミニ胡瓜は、節成り性が高く、一節に4本ほど胡瓜ができます。側枝は殆ど出ません。そのため、ローラーフックを利用して蔓下げ誘引栽培を行います。3ヶ月で100節程は付きます。

 ミニ胡瓜栽培

ミニ胡瓜の需要はまだ未知数の所はありますが、ピクルス専用胡瓜として食彩村(豊橋市の産直売場)へ出荷予定です。昨年も食彩村へ5本入れて100円で販売しました。

 ミニ胡瓜販売状況

*農場視察に関する問い合わせ*
TEL:0532-41-2007(トヨタネ研究農場)
HP問い合わせフォーム:https://www.toyotane.co.jp/contact/
または、担当の営業スタッフまで。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.toyotane.co.jp/p/trackback/002161

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。