ブログ「農場日記」

2021.04.20 [ 農場日記 | 農場プレゼンツ ]

産直向け品目「子持ち高菜」の紹介

皆さん、こんにちは!

今回は、産直向け品目として適当ではないかと3年栽培している「子持ち高菜」
四川児菜・湖南児菜(しせんアーサイ・こなんアーサイ)の紹介をします。

アーサイ出荷画像

産直向け品目として適当であると思われる点をご紹介します。

収穫期間が長く生産物が軽い。
*芽キャベツのように節間に脇芽が付きそれを2ケ月程の期間で収穫する。
早生(湖南)と晩生(四川)の品種の組み合わせで1月上旬から3月上旬まで収穫できる。
当地ではまだ栽培少なく珍しい品目である。
ほろ苦さが有り、天ぷらや炒め物で食すれば大変美味しい。柔らかく調理も早くでき食味も良い。

以上が主な注目点です。

アーサイ画像

<栽培概要>
播種時期:9月10日頃。プラグ128穴(早蒔は早期抽苔しやすい。8月蒔きは不可)

定植:10月上旬。25日育苗  株間・条間:50cm✕70cm

登録農薬:なばな類・野菜類 (登録農薬は少ない。)

年内にアブラムシ・コナガ・ヨトウムシの防除を行う。アブラムシが付きやすい。

収穫:
湖南児菜で1月上旬コブ状脇芽が出来るので順次手でもぎ、収穫する。
四川児菜が2月上旬より収穫開始になる。


ご質問・お問合せあればお待ちしております!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.toyotane.co.jp/p/trackback/001750

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。