ブログ「農場日記」

2022.05.20 [ 農場日記 | 農場プレゼンツ ]

排液リサイクル、続報

こんにちは。
今回は、第4圃場Iハウスで行っている「養液栽培の排液リサイクル試験」について
栽培状況のお知らせです☺

「排液リサイクル」とは?
通常の養液栽培では圃場外へ流れていってしまう「排液」を<ろ過><肥料成分を調整>することで、再び「給液」としてリサイクルするシステムです。

排液リサイクルには、
・水質汚染を防ぐ
・水という資源を大切にする
というメリットがあり、SDGsに基づいた取り組みになっています。

詳しくは過去記事をご覧ください。
養液栽培の排液リサイクル試験の様子です!!【SDGs】|トヨタネブログ「農場日記」|トヨタネ株式会社 (toyotane.co.jp)

現在の圃場の様子はこちらになります。
【ミニトマト】
 ミニトマト圃場

【大玉トマト】
 大玉トマト圃場

給液方法について
・EC3~10の高EC
・常に30%以上の排液が出るように
・給液には排液を50%混ぜる
・圃場外に排液は出さない
上記のような栽培をしていたので、培地内にはかなりストレスがかかってます。おり、ミニトマトの芽先は5㎜ほどで、大玉トマトでは尻腐れが多発しています。

【ミニトマト芽先】
 ミニトマト 芽先

【大玉トマト尻腐れ】
 大玉トマト 尻腐れ

今作は摘芯済みで、6月で栽培終了を予定しています。また最終的な状況をは、ブログでも発信していきます。

*農場視察に関する問い合わせ*
TEL:0532-41-2007(トヨタネ研究農場)
HP問い合わせフォーム:https://www.toyotane.co.jp/contact/
または、担当の営業スタッフまで。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.toyotane.co.jp/p/trackback/002132

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。