採用情報

内定者の声





紫レンジャー

紫レンジャー

性 別:女性

学 部:農学部

出身地:静岡県

私は就職活動を始めるに当たり、誰もが必要とする「食」を通じて、人々の生活に関わる仕事がしたいと考えていました。トヨタネ株式会社は、日本一の園芸地帯である東海地区で「食」の根幹となる農業を支えています。また、農家の方々にできるだけ近いポジションを目指し、種から収穫までのトータルサポートをされています。その一方で、ITを取り入れたデジタル化推進にも力を入れている一面があり、見える部分である「お客様との関わり」、見えない部分である「ITの取り入れ」の両部分に力を入れている点に魅力を感じました。私もそのような会社で、多くの人々の生活に関わる仕事がしたいと思い、入社を決めました。また、会社説明会の内容が充実しており、社員の方々の温かい雰囲気が選考の段階で感じられたことも、入社を決めた理由のひとつです。

茶レンジャー

茶レンジャー

性 別:男性

学 部:バイオサイエンス学部

出身地:滋賀県

自分の家がイチゴを栽培していることもあり、農業に関する仕事をしたいと思っていました。トヨタネを知った機会が大学内での合同説明会だったのですが、そこでの社員さんの対応の良さが凄く印象的でした。企業説明会や選考を重ねるに連れて、社員の方々のお客様へのサポートの姿勢を感じることができました。さらに、会社全体としての雰囲気がとても柔らかいと感じ、トヨタネで自分も働きたいと思いました。内定を頂いた後も農場見学や社員の方々とお話できる機会や給与の説明などの細かいお話もしていだだきました。そのため、入社した時のイメージを働く前に持てたことがよかったです。そして内定を決めた後も内定式の前に内定者の顔合わせの機会を作って下さったので内定者同士の雰囲気を知る事ができたのが嬉しかったです。

赤レンジャー

赤レンジャー

性 別:男性

学 部:施設野菜専攻

出身地:愛知県

私は、学校で農家さんがやるような実践的な農業を学んできました。家が農家という事もあり、幼い頃から農業に対して興味を持っていまいした。学校の農作業や家の手伝いを行う中で、農家さんはこんなに大変な作業を毎日やっているのかと驚きました。そんな農家さんを手助けできる仕事にしようと決意しました。そんな中見つけたのがトヨタネです。今まで、気にしてなかったのですがよく見るとトヨタネの商品は、学校でもよく見かけていて家で使っている商品もありました。そのような所から、トヨタネという会社はとても身近に感じました。実際に、説明会や質問会に行ってみるととても雰囲気がよく、自分がやりたかった仕事ができると思い内定を決めました。内定後に、内定者同士の交流が多い事もとても良いと思います。

緑レンジャー

緑レンジャー

性 別:女性

学 部:外国語学部

出身地:愛知県

事業内容に興味を持ったこと、会社の雰囲気が自分に合うと感じたこと。この2点が大きな決め手です。‬ ‪私は大学で農業ボランティアに参加して、農業の厳しさや楽しさ、農家さんの熱意に触れました。その体験から、農業を支える会社で働きたいと考えるようになりました。トヨタネであれば、お客様をトータルサポートすることができます。‬‬ ‪また、インターンシップや選考を通して、社員の方々とお話しする機会をいただけて、働くイメージがしやすかったです。社員の方の人柄や人間関係、仕事に対する姿勢を見て、自分もこのような環境で働きたいと強く思いました。‬ 内定を決定する前に農場見学会や懇親会があり、社員の方とはもちろん、学生同士もじっくりと相互理解を深められるところもトヨタネの魅力の一つだと思います。

黄レンジャー

黄レンジャー

性 別:男性

学 部:情報フロンティア部

出身地:島根県

私が内定を決めるにあたって重要視したのは、会社の雰囲気と将来性そして自分のやる気です。私は農学部でもなければ農業にすら興味を持っていませんでした。しかし合同説明会でトヨタネの事を知り、初めて農業に関心を抱きました。その先は農業について調べていく内に農業の進歩に面白味を感じ、就職活動に転じました。トヨタネは説明会の時から人の雰囲気が良く、そして長い歴史を持ち成長を怠らない会社だと思いました。実際にそうでしたし、私自身の農業に携わりたいという気持ちが溢れていましたので、内定を決めました。就職活動は体力も使いますし、何より企業が多すぎてどこへ行けばいいか分からなくなります。そんな時は、思い切って全く興味のない会社の説明会へ行き知見を広めるのも手だと思います。そして自身のやる気・モチベーションを上げていきましょう。