ブログ「農場日記」

2021.03.16 [ 農場日記 | 栽培サポートPresents ]

これから強くなる日差しを防ぎましょう!

皆さんこんにちは
栽培サポート課スタッフです。

3月に入って、ハウスの中はとても暖かくなってきましたね。
これから夏に向かってどんどん日射、気温が高まっていきます。

トマトでは強日射による裂果や着色不良果の発生。
イチゴでは高温で果実の成熟が早まり、収穫作業が遅れると過熟になってしまいます。

対策としておすすめなのは遮光・遮熱剤の塗布です。
遮光カーテンの設備が導入できなくても、必要な時期だけ遮光・遮熱ができ、手軽でおすすめです。

遮光塗料(左写真塗布、右写真塗布なし)
(左写真:塗布、右写真:塗布なし)

○イチゴ栽培:3月中旬からの塗布がおすすめ

「エクリプスF4」
遮光剤で、太陽光を反射し、作物を熱と光から守ります。
3ヶ月ほど効果が持続します。

降雨や紫外線により自然と落ちていきます。
→果実の焼けや高温により成熟が早まるのを抑え、果実品質の低下を抑えます!

○トマト栽培:4月からの塗布がおすすめ

「トランスパー」
遮熱剤で、太陽光のうち熱線を多く反射し、
光合成に必要な光は遮光剤よりも多く透過させます。

効果は3~5ヶ月持続します。
→裂果や着色不良果の減少、管理作業環境の改善に効果が期待できます!

エクリプスF4
トランスパー
エクリプス トランスパー

遮光カーテンを使用している方でも、
遮熱剤を塗布することで、ハウス内がより涼しくなったとの声もありました。

製品の詳細については
最寄りの営業所までお問い合わせください。

栽培サポート課 t.s

2021.02.12 [ 農場日記 | 栽培サポートPresents ]

トヨタネの栽培サポート課って??

みなさま、こんにちは。
栽培サポート課スタッフです!

今回は私が所属する「栽培サポート課」について紹介したいと思います。

弊社には下記のように「栽培支援部」「栽培サポート課」という部署があります。

*栽培支援部
栽培に関する専門知識を持って栽培技術面からお客様のサポートを行う。
品種比較や商品展示などを行う「研究農場」と「栽培サポート課」から構成される。
◎研究農場
実際に農産物を生産しながら様々な試験を通してお客様をサポートしております。
◎栽培サポート課
生産現場へ出向き、お客様と接しながら農業生産のサポートをしております。



■栽培サポート課の仕事って?
栽培サポート課の主な仕事はココバッグ栽培、イチゴ高設栽培を中心とした
養液栽培システムやプロファーム導入者様への栽培サポートとなります。

◎養液栽培の管理の基本や機器の使い方
環境制御技術について、お客様の圃場の状況に応じた適切な管理をアドバイス。

◎定期的な現場巡回、栽培資料の配布
メール・電話対応など、様々な手段でお客様をサポート。

【対象】
養液栽培を初めて導入されて、栽培管理に不安な方、環境制御に興味があるけど、
どんなところから取り組んだら良いのかお困りの方

ぜひトヨタネ栽培サポート課のサービスをご利用くださいませ!



栽培サポート課 m.u
研究農場事務所

2020.12.17 [ 農場日記 | 栽培サポートPresents ]

無くてはならない「地図アプリ」!?

こんにちは
仕事柄、愛知県外のお客様の元へ車で移動することが多いです。

そのときにとてもお世話になっているものがあります。
そう、スマートフォンの地図アプリです。

スマートフォン地図アプリ

知らない土地に行くときも、地図アプリのナビ機能があれば安心です。

また訪問するお客様から次のお客様までの移動時間も調べることが出来ます。
その日の行動予定を立てるのにも非常に役立っています。

また移動先での食事場所を探すのにも活躍します。
遠くに行った際の食事も仕事中の楽しみの1つです。

スマートフォンの地図アプリに頼っているので、
仕事中バッテリーが無くなりそうだと、ヒヤヒヤします。

バッテリー切れヒヤヒヤ

ナビが無い時代があったことを思うと、
ナビの有る時代に仕事ができていて良かったなぁと思います。

栽培サポート t.s

2020.10.21 [ 農場日記 | 栽培サポートPresents ]

来季に向けた「レディヒート」などのテスト

栽培サポート課として
お客様と話す話題に、
「夏の暑さ」対策があります。

今年のように9月に入っても30℃以上の日が続き、
8月に定植したトマトの活着や根張り、
着果に悪影響が出てしまった生産者様も多くみえます。

暑さ対策としてお薦めしたいのが、
「レディヒート」「トランスパー」など遮熱塗料です。

来年の春以降のために、
弊社研究農場ハウスに
遮熱塗料の新しいタイプのものと従来タイプのものの比較試験を行い、
塗布面の変化を確認しております。

遮熱塗料

今年は愛知県に台風の上陸は無く、
8月24日に塗布した試験ではあまり大きな変化はありませんが、
試験結果をメーカー様と共有することで、より良い商品をお客様に提案できるようになればと思います。

研究農場に栽培サポート課が移動して半年、
研究農場と連携した商品や栽培の試験を行うことができるようになりました。

トマトやイチゴの養液栽培でも
研究農場と栽培サポート課のメンバーが連携した試験をいくつか行っております。

弊社研究農場に来場された際には、
そちらもご覧いただければと思います。

栽培サポート課 f.h

2020.08.27 [ 農場日記 | 栽培サポートPresents ]

オンラインでの栽培サポートはアリかナシか?!

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く中、
私たち栽培サポート課もお客様のアフターフォローに影響が出ています。
全国の緊急事態宣言は解除され、現場の緊急度に応じて出掛けるようになったものの、
「自分が知らないうちに感染していて、お客様にうつしてしまわないかな?」
「お客様は業者の出入りが不安でないかな?」と心配は尽きません・・・。
日々、マスクや消毒などしっかり対策をとって栽培サポート活動を行っている状況です。

 現在は8月も終わりが近づき、施設園芸農家様は続々と定植を迎えています。
コロナだからといって作物の生育は待ってはくれないため、
栽培管理に困っている農家様がいらっしゃれば、私たちはしっかりサポートしたいのです!
そこで、いま流行りのZOOMを使ってオンライン栽培サポートを行ってみることにしました。
Zoom
 これまで電話やメールでお客様の問い合わせに対応させて頂くことは度々ありましたが、
カメラを使った栽培サポートは初めて・・・。
「やり取りは上手くいくかな?」「トマトの様子はしっかり把握できるかな?」
と不安でしたが、実際試してみると、生育の良し悪し、
病気の発生の有無などの話をしながらその場ですぐに映像で状況を確認でき、非常に便利だと実感!!!
お客様には画面共有の機能で私たちの手持ちの資料もすぐ見て頂くことができ、
電話やメール以上に充実したサポートとなりました。
Zoom
 遠方にいらっしゃるなかなかお会いできなかったお客様、
いますぐに問題を解決したいお客様とのやり取りには十分に「アリ!」なのではないでしょうか。コロナ禍の中でも、利用できるものはどんどん利用して、
今後もより充実した栽培サポートができるよう部署一同取り組んでいきたいと思います。

研究農場
栽培サポート課スタッフ