ブログ「クロロフィル通信」

2019.11.18 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

パプリカの魅力!

こんにちは (^_^)/
先々週の11/8-11/9に「産業振興フェアinいわた」が開催されました。
当社も参加させて頂きました。

[展示会で気づいたこと]
そんな時向かいブースは野菜の効能など説明をされ見学に来た当社女性社員も熱心に聞いていました。

私自身特に最近気になっているのがパプリカ。
ここでは赤色、黄色、オレンジ色が展示し説明をされていました。

Paprika、赤色・黄色・オレンジ色

興味深かったのがオレンジ色が一番栄養があり美味いそうです。
私は先月から毎週1個ペースで赤色、黄色を交互の購入・消費しています。

この話を聞いてからオレンジ色が欲しいのですが売られていません。
残念ですが。
パプリカの主成分は辛み成分がないカプサイシンです。
このカプサイシンは劣性遺伝子のため、ピーマンやシシトウガラシと同じく果実に辛みをほとんど持っていないもしくは無い。

加熱調理、または生でも食べられるのです。
・・・ですが私は加熱しないと無理です。
栄養素の構成もピーマンに似ていますが「ビタミンP」を含んでいる点。

ビタミンPはビタミンCを壊れにくくし。
その抗酸化作用の性質を高める効果をもつため、加熱調理してもビタミンCが失われにくい。

日本の家庭では注目していないパプリカですが、栄養の点では素晴らしい食材です。
ビタミンC濃度は緑ピーマンの2~3倍、β-カロテンは20倍くらい。
油に強いビタミンCという点では調理にも適しています。

この点を理解して普及に努めているのがお隣の韓国です。
この10年で3倍の普及です。日本の3倍?

コスト的に(私の事例です。)
加熱料理です。生食は苦手です。
トマトもパプリカもgあたりではあまり差がないと思います。
ただしトマトは毎日1個、パプリカは週1個単位で消費。
トマト1個100円として週700円、パプリカは週1個で200円。
パプリカ5~7等分で消費、年間52個の消費スケジュールで。
1個120~140gとして年間6kg消費。お隣の韓国の5~6倍。日本の10倍以上。
費用的にも難しくない感じで食材の一つとして取り組めそうです。

パプリカ(黄色)

赤色、黄色、オレンジ色の効能などはインターネットで検索してもらえば色々出ています。
参考に検索してみてください。

また当社研究農場でも各社品種を栽培しています。
見学も可能と思います。
(事前に最寄り営業所までお問い合わせください。)

Paprika

記事 総務課員

2018.08.28 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

いわてスマート農業祭NEOに出展!

8月24日(金)~25日(土)
岩手県滝沢市で行われた「いわてスマート農業祭NEO」に出展しました。

180824-25_いわてスマート農業祭NEO1

岩手県といえば全国有数の畜産県ですね。
園芸作物としては夏秋トマト、夏秋キュウリ、ピーマンなどが栽培されています。
全体の中で占める割合は比較的少ないそうです。

【トヨタネ&デンソー】展示ブースについて
恒例のココバッグ栽培システム、プロファームモニター、プロファームコントローラーなどの展示を行いました。

180824-25_いわてスマート農業祭NEO2

ココバッグはどこに行っても興味を持っていただくお客様が多いように感じます。



今回目立ったのはドローンの展示。
10社以上の会社がドローン関連の展示を行っていました。

ドローン

岩手県ではすでに水田への農薬散布事業が進み始めております。
1反4千円という金額で農薬散布を行うサービスも紹介されていました。
5反ぐらいの水田では10分弱で散布が終わるとのことです。
これからは水田に限らず、このようなドローンを使ったサービスが増えていくんだろうなと感じました。
近い将来、ハウスの点検や遮光材散布にドローンが当たり前に使われるようになるかもしれませんね。

記事 プロファーム事業室スタッフより
 

2018.02.26 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

第39回施設園芸総合セミナー・機器資材展に出展!

こんにちは!
先日、2月15日~16日に行われた
第39回施設園芸総合セミナー・機器資材展に出展してきました。
展示会出展
例年通り、東京晴海客船ターミナルホールを利用して開催。

2020東京オリンピックの選手村の予定地の横にあり、
会場近くは工事車両が出入りしており以前とは違う雰囲気で、
ここ数年で様変わりしそうな様子です。

北は北海道から南は宮崎県まで、熱心な農家・JA・試験場・法人等が来場、
トヨタネブースには2日間で約100名の方が立ち寄っていただきました。

プロファームコントローラーの動画を流しながら、ココバッグ栽培システムを展示。
現物のトマト苗を植えたココバッグは目を引き、多くのお客様から質問を受けました。

同時開催しているセミナーを聴講する時間はほとんどありませんでしたが、
きゅうりの養液栽培についてのお話を聞くことができました。

トヨタネ研究農場でもきゅうりのココバッグ栽培を行っていますが、
収量や品質の安定化を図る意味で、今後も注目される作物なのかなと感じました。

今年度の展示会はこれで一段落…
ですが、ありがたいことに各地でプロファーム、プロファームモニター説明会の依頼を受けています。

ご興味のある方はお問い合わせください。

記事プロファーム事業室スタッフより

2018.02.02 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

「トマト・キュウリ」サミットに出展!

こんにちは!
1/30~31に東京で開催された、トマト・キュウリサミットに出展しました。
場所 :タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1)
弊社ブースでは、「Profarm-Controller」「Profarm-Monitor」「ココバッグ栽培システム」を展示。

トマト・キュウリサミット資材展1

トマト・キュウリサミット資材展2

北は宮城県、南は宮崎県まで、多くのお客様に立ち寄っていただきました。
ありがとうございます!

展示の中でも、特に「ココバッグ栽培システム」に興味を持っていただく方が多いように感じました。

おかげさまで、「ああ、トヨタネさん!」「農場、行ったことあるよ。」という声を
多くいただけるようになってきました。
(某、大手自動車メーカーの関連会社?
と聞かれることもまだまだ多いですが・・・(^^;))
より多くのお客様に知っていただけるようになってきたことを嬉しく思います。

2月は15日~16日に行われる施設園芸総合セミナー・機器資材展に出展予定です。
ぜひお立ち寄りください!


記事プロファーム事業室スタッフより

2017.11.06 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

「あきた産学官連携フォーラム2017」ご案内

こんにちは!
段々と寒くなってきました。

プロファームサポートセンターには、暖房や除湿に関する問い合わせが増えて来ました。
早めに暖房の準備を整えておくことをお勧めします。

さて、来る11月29日に秋田県で行われる「あきた産学官連携フォーラム2017」
http://www.akita-pu.ac.jp/newsitem2.htm?serial_no=1232

「DENSO」 x「トヨタネ」で共同ブース出展いたします。

■開催日時:平成29年11月29日(水)
【ブース展示】13:00~16:00
【フォーラム】13:30~17:00
【ポスター・企業出展】13:00~16:00

■会場:秋田市民交流プラザ「アルヴェ」
秋田市東通仲町4-1 秋田駅東口
*入場無料

ココバッグ栽培システム、プロファームコントローラー、プロファームモニターを出展予定です。
(カタログ:ココバッグ、プロコン、プロモニpdf添付)

環境制御や栽培システムに興味のある秋田県の皆様、ぜひお立ち寄りください!

記事プロファーム事業室スタッフより

2017.08.25 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

施設園芸新技術セミナー・機器資材展 in 大分に出展

施設園芸新技術セミナー・機器資材展 in 大分に出展しています。

今回の展示会は九州北部豪雨災害により多くの方が犠牲になり、復興に向けて大変な時期の中での開催となりました。被災された皆様につきましては心よりお見舞い申し上げます。

さて、展示会が行われております日田市はとても水が綺麗なところで、木材の町としても有名です。
駅や展示会場も木で造られ、入り口を入るとすぐに木の良い香りに気づきます。
大分展示会場
そんな素敵な会場の一角で、恒例、プロファームモニターとココバッグ、CO2当盤を展示しております。
デンソーさんの講演後には、多くの方にブースを訪問していただきました。
展示ブースin大分
展示は明日8:30から13:00まで行っております。
お近くの方はぜひお立ち寄り下さい!


記事 プロファーム事業室 スタッフより

2016.11.16 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

「いわた産業振興フェア」

こんにちは! o(^o^)o
本日は先日11月11日(金)、12日(土)に行われた「いわた産業振興フェア」に参加しましたのでご報告させていただきます。

 場所は磐田市にあるアミューズ豊田で展示企業は農業系や化学、機械、機器系、電気・電子系、 食品関係、研究機関など全179社が出展しました。

弊社はProfarm-Controller、Profarm-Monitor、ココバッグ、まくりーんなどを展示しました。

いわた

 生産者の方や、関係企業、他業種の方まで幅広い層のお客様にお越し頂き、大盛況のうちに終了しました。

 本当にありがとうございました。
このような展示会を機に、より多くのお客様に弊社商品を知って頂き、お役立ちができればと考えています。

 次回は2016年12月14~16日に東京ビッグサイトで開催される、アグロ・イノベーション2016に出展予定です。
この展示会にお越しになられる際は、是非とも弊社ブースにも足を運んで頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

記事 浜松営業所 スタッフより

2016.08.05 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

「GPEC視察ツアーに参加してきました。」

こんにちは。*(^o^)*

 先日開催されたGPEC施設園芸・植物工場展2016に参加してきました。
弊社から3台のバスを手配し、GPEC視察ツアーとして弊社社員や生産者のみなさんと行ってきました。



 今回は、国内外から200社以上の出展があり、7/27~7/29の3日間で4万人を超える来場者が訪れたそうです。

 各社ブースには、ハウス関係の新商品から定番商品、あまり見慣れない植物工場用の資材など様々な商品が展示されていました。


弊社ブースです。

 今回の視察は3時間と少ない時間でしたが、興味深い商品が多くとても勉強になりました。
GPECは2年に一度開催されているので、次回の開催時に興味のある方は、ぜひ足を運んでみてください。

記事 豊川営業所 スタッフより

2016.06.29 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

『次世代型こうち新施設園芸技術フェアー』に出展しました。

 『次世代型こうち新施設園芸技術フェアー』に初出展いたしました。
会場は高知県高知市『ちばさんセンター大ホール』にて開催されました。

主催:高知県次世代型施設園芸団地推進協議会
目的:収量・品質を高め農家所得の向上を図るため
開催期間:2016年6月23日(木)~24日(金)

 高知県の農業生産額は年々減少傾向あるようです。
また高知県だけでなく施設園芸面積は全国減少傾向です。
県の目標1050億円を達成する為にも、飛躍的な増収技術の開発と
担い手の確保・育成が重要との認識があります。

 この課題を克服するための取組の一環として今回の展示会が計画されました。
CO2濃度制御技術の普及に現在取組を始めているようです。

 取組の結果として、ナス・ピーマン等の収量が増加している報告があります。
高知県として『県環境制御技術導入加速化事業』を創設して普及を図っていかれるようです。

 若手施設園芸農家グループが環境測定を開始して、結果としてCO2濃度不足が確認されました。
生産性と密接な相関関係が認識されました。

 この結果として温度管理・湿度管理・CO2濃度管理の重要性が認識され、
環境制御の勉強会・検討会が盛んに取り組まれているようです。

 収量増収は、所得の向上にもなり施設園芸農家の技術意識や経営意識も変わっていきます。
技術革新で施設園芸農家の担い手の確保が図れることが期待出来ると考えます。

 弊社・デンソー出展ブースではデンソー製環境制御「プロファームシリーズ」、
弊社栽培システム「ココバッグ栽培と普及タイプ「環境制御シリーズ」を出展させていただきました。


(会場風景(会場奥セミナー)、デンソー・弊社ブース)


 (展示会場で配布された主なパンフレット)
 
 施設園芸の先進地「高知県」、かつて弊社創設時は多くを学び今の発展があります。
身近なもので今でも必需品のハウスのフィルム押さえバンドのハウスマイカ線の
マイカの語源は高知からと聞いております。確かではございませんが?

また施設園芸で重要な暖房機などもありました。

 施設園芸面積の減少傾向は今後も続くと考えられます。トータルのクオリティーを高め生産性と品質、安定供給できる体制作りが必要と考えます。
 今私たちに出来ることは何か、新たなと取組、仕組み、人と人の係わり合いと考えます。
微力ですが日本の農業、食品など少しでもより良き形に提案協力出来ればと考えます。

記事 プロファーム事業室スタッフ 補足 経営企画課スタッフ

2016.06.02 [ クロロフィル通信 | 展示会便り! ]

マリンメッセ福岡より!

開催会場「マリンメッセ福岡」外観です。

第2回九州アグロ・イノベーション開催中です。

開催期間2016年6月2日(木)~3日(金)

デンソーさんの講演を皆様熱心に聞いてくださっていました。

またブースにも非常に沢山のかたにご来場頂きまして
まことにありがとうございました。


明日もお待ちしています。


記事 施設栽培課 スタッフより



昨年初開催のブース状況です。

 第1回九州アグロイノベーション

九州では初めての開催のため、どんな雰囲気なのか、、、
スタッフも少し緊張の面持ちでした。

 トヨタネ&DENSOブースでは、プロファームコントローラー、
ココバッグ栽培システムなどを展示していました。

 初日は開始からブースは賑やか。
九州地区の農家さんを始め、企業や官公庁の方など370名の方に立ち寄っていただきました。

会期: 2015623日(火)~2015624日(水)10001700

 会場: マリンメッセ福岡