ブログ「クロロフィル通信」

2019.10.01 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

五桂いちご「農家ふぇ」のご紹介

こんにちは。(○^∀^)/
松阪営業所のお客様五桂いちご 河合様の「農家ふぇ」をご紹介したいと思います。
場所は松阪と伊勢の間にあります。伊勢自動車道勢和多気インターチェンジ下りて
約5分くらいの所にあります。

五桂池ふるさと村はいちご狩り・ブルーベリー狩り・メロン狩りをしています。
ハウスにはさまれた場所に「農家ふぇ」があります。
農家ふぇ ハウス
どれも新鮮で美味しいフルーツなのですが、この美味しいフルーツをつかったかき氷やパフェ
が大好評です。私も無性に食べたくなりついふらりと立ち寄ります。
今回はイチゴかき氷といちご寒天を注文しました。
特に私がオススメなのが贅沢にいちごを凍らして削るいちごのかき氷です。
何個分入っているか分かりませんが口の中のイチゴが溶けてすぐ消えていきます。
夏にイチゴを食べれるのはイチゴ好きにはたまりません。
手作りイチゴソースと練乳も提供して頂くのですがそのままで食べても美味しいです!
中に入ってて見えないのですが、いちご寒天も寒天がイチゴで美味しかったです。

オススメNO1のザクザク苺ソフトまだ食べた事がないので(いつもイチゴかき氷を食べている
為。)今度は食べてみたいと思います。

農家ふぇで手作りイチゴジャムとブルーベリージャムも売っています。
どれも手作りで美味しいので是非お立ち寄り下さい。
Menue
お休みの場合やかき氷がしていない場合もありますがご了承下さい。

1月からはいちご狩りもしています。土日は人気なのでお早めにお願いします。

松阪営業所スタッフ

2018.11.17 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

スリランカ訪問

今年の9月にスリランカに出張してきました。
毎年、少なくても一回はスリランカを訪問するようにしています。
これは、トヨタネが販売しているココバッグの現地の状況を確認するためです。

スリランカのニゴンボの景色1スリランカのニゴンボの景色2
写真はスリランカのニゴンボの景色

スリランカへは、15回ほど訪問しています。
成田からスリランカ航空の直行便で約9時間。
ほとんどがモルジブ行きのお客さんで満席です。
コロンボで一度降ろされますが、2時間でモルジブへ着きます。
(私もモルジブへ行ってみたい。)
現地からの連絡ですと、5月~6月の天気が悪く、大雨と洪水でココバッグの原料が集まらず、原料が値上がりしているとのことでした。
スリランカは小さな島国で、面積は日本の北海道くらいしかありません。
隣の国のインドは広いのですが、昨年の天候が旱魃で、ココナッツの花の咲きが悪く、実の肥大も良くないようでした。
そしてスリランカの今年の天気は大雨と洪水で原料が流されたり、晴れ間がないので原料が乾かず、インドからのブローカーが原料を買いに来るので、ますます原料が高騰するようでした。
スリランカは、インド洋のモンスーンの影響を受け、中央高地には雨がよく降ります。
9月下旬から雨季が始まり、12月下旬には終わります。
毎年、取引先とお互いに顔を合わせて、ココナッツの蒸留酒の「アラック」を飲みながら話をする。
人間同士なので、お互いに気心がしれます。
メールや電話がありますが、現地でお互いの顔を見ながら話をする。
アナログですが一番重要なことです。
ココバッグの品質検査、来年のココバッグの予約をしてきました。

記事 種苗課スタッフより

2017.06.26 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

(株)野菜くらぶ 様 収穫祭参加

皆さんこんにちは。
いつか前に梅雨入りしたとはいえ、しばらく晴天が続きましたね。

先週から大雨が降ったりようやく梅雨らしい天気になってきました。
そんな中、17日に弊社の大変大事なお客様でもある(株)野菜くらぶ様の収穫祭にご招待され、所長ファミリーと参加してきました。
当日は天気に恵まれ、この上ない収穫日和になりました。

野菜くらぶ様に出荷される法人団体様、個人様がそれぞれ収穫したものを料理され、来場者に振る舞われたりしました。

収穫祭1

ミニトマト、オクラ、レタスを使ったサラダ、夏野菜カレーなど野菜をふんだんに使った料理を堪能しました。

収穫祭2

じゃがいも、人参収穫体験。
大変賑わっております。

収穫祭3
  
弊社で種子を入れさせてもらった、恵味ゴールドのとうもろこし。
家に帰って、茹でたり、焼とうもろこしにして食べました。

甘い、最高!!

収穫祭4

初体験、トマトすくい。
とにかく沈んでいるトマトに狙いを定めていました! ((*´∀`))
ですが、意外に難しい・・・

その他、枝豆つかみ取りもあったり・・・獲ったものは自宅に持ち帰り、美味しく頂きました。
また来年も参加したいですね。

記事 浜岡営業所 スタッフより

2017.05.10 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

新人の趣味より

こんにちは。
新年度も1か月が経ち、
田原営業所に配属となった新人のk君も少しずつ緊張が解けてきた様に思える今日この頃です。

そんな彼は、大の釣り好きという事で、私も少し調べることにしました。

愛知県のホームページを見ると、「愛知の魚 50選」というカレンダーを発見。


愛知の魚


各イラストに(1)名称、(2)分類、(3)体長、(4)漁獲方法、(5)主な料理法が記載されているそうです。

これだけ見ても、いろんな魚が身近にいるのだと分かります。
まさにTVでお馴染みの「ギョギョッ!」と言ったところでしょうW

それはさておき…

渥美・田原管内では、普段外回りをしていても、釣り好きの農家の方がたくさん見受けられます。
それだけ、渥美の海には楽しさが詰まっているんだと改めて感じさせられました。

外も温かくなり、休日はのんびり竿を垂らしに出かけるのも良いかもしれません(*^。^*)


記事 田原営業所 スタッフより

2016.12.06 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

田原リレーマラソンに参加しました☆

こんにちは!

12月4日(日)、田原市で行なわれた田原リレーマラソンに、弊社社員が参加いたしました。

昨年も参加したのですが、今年はなんと、参加社員の半数が40歳台というベテランチャレンジです。
日頃走っている姿なんてみたことのないあの人達が、一体どのような走りを見せてくれるのか・・・!
とても楽しみに応援に向かいました。


雨が心配されてた当日は、空気は冷たいものの日差しの暖かいマラソン日和でした(^_^o)

田原リレーマラソン 田原リレーマラソン

田原のリレーマラソンは、1チーム5~7人編成で1周約1.5kmのコースを計14周、ハーフマラソン(21.0975km)をたすきを繋いでみんなで走りきるというものでした。
企業から一般の方、小さなお子さんから年配の方まで、様々な方が走っておりました。
日頃全く運動しない私からすると、1.5キロも走れる皆さんを心の底から尊敬してやみません。。

弊社からは、総勢13人が2チームに分かれて出場しました。
走っているときや、たすきを渡すときは苦しそうな表情が見え隠れしましたが、みんなで力を合わせて一つの目標に向かう姿はとても楽しそうで、やり遂げたときの達成感は見ているだけでも感動しました。
弊社の40歳台のエース達も、年齢を感じさせない走りでした!

マラソンはとても苦しいはずなのに何故みんな走れるのかなと日頃不思議に思っていたのですが、この達成感や爽快感がたくさんの人たちの心をつかんでいるのかもしれないなぁと感じた一日でした。


最後に、今回走った若手社員さんに感想をお聞きしました。
『12月とは思えない暖かさで少し汗をかきながらのマラソンは最高でした。
若手からベテランの方まで和気あいあいと楽しめました。
見に来てくださった方の応援がとても嬉しかったです。ありがとうございました。
来年はもっとチーム数を増やして参加したいです!!』


リレーマラソンに出場したみなさん、お疲れ様でした!

田原リレーマラソン集合写真

また来年も頑張ってください\(^□^)/


記事 経営企画課 スタッフ

2016.09.30 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

落花生収穫!!

こんにちは。

弊社社員の自宅で栽培していた落花生が収穫できましたー!

落花生

落花生2

拡大
落花生「子房柄」

 ほとんど放任栽培だったようです。
無事に収穫できてよかったです*

 植え付けの時期は4月~5月、収穫時期は9~10月です。
ラッカセイは漢字では「落花生」と書くように、花がしぼむと、つけ根にある子房柄(しぼうへい)と呼ばれる部分が地中にもぐって行き、やがて実になるという、珍しい育ち方です。

 マメ科植物は根に根粒菌というバクテリアを寄生させて、根粒菌から栄養をもらえます。
ですので、マメ類は肥料が少なめでも十分に育ちます。

【食べ方】
 成熟させてから収穫した落花生はカラカラに天日干しして保存して、食べる都度焙煎します。
その他に、成熟する一歩手前の鞘を早堀りし、掘りたて殻付き落花生を濃度3%の塩水で茹でて、「茹で落花生」にして食べても美味しいです!

 おつまみとしても良いですし、サヤから取り出して炊き込みご飯や色々な煮物の具にしたりして食べると美味しいです。
ゆでたものを刻んでサラダや和え物に使っても良いでしょう。

皆様もぜひ、来春から落花生を作ってみてはいかがでしょうか?

記事 豊橋営業所 スタッフより 

2016.08.26 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

スリランカを訪ねて

こんにちは
7月末から8月上旬までスリランカに行ってきました。
(宿泊したホテルの外観はこんな感じでした。)
160803_スリランカホテル  仏教国で7割が仏教徒なので、
親日家が多く、穏やかな国民性もあり、
大変に仕事がし易く住みやすい国です。

 仏教遺跡も多く日本人にとっては
日本の古い田舎を思い出すことでしょう。

 スリランカ人と接していても、生真面目さ、
仕事への熱心さが伝わってきます。

日本との関係は、日本が太平戦争に負け、
戦後処理を話し合う、1951年の
サンフランシスコ対日講和条約のときに、
故ジャヤワルダナ大統領が、
仏陀の教えを引用して
「憎悪は憎悪によって止むことはなく、
慈愛によって止む。」
との演説をしたのは、有名な話です。


料理とスリランカのビールです。
160802_スリランカ料理1 160806_スリランカ料理 160806_スリランカビール

160801_スリランカ海岸1 160801_スリランカ海岸2 160801_スリランカ海岸3



スリランカについて
スリランカ民主社会主義共和国。通称はスリランカ。
首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。
1948年2月4日、イギリスから自治領(英連邦王国)のセイロンとして独立。
1972年にはスリランカ共和国に改称。
人口: 約2027万(2012年)である[2]。
宗教: 国民の7割が仏教徒(上座部仏教)である。

地理:
南アジアのインド大陸の南東に海峡を隔てて位置する。
島の北部は平坦地が続き、南部に向かうにつれて山地が多くなる。
大きく分けると三分される。
第一は中央部から南部にかけての山岳・高原地帯で2000メートル級の
山々が連なり、山麓に1000m前後の高原が広がる。
第二は標高300から900mの高原ベルト地帯で、山岳地帯の周辺部である。
第三は海岸沿いの平地で、南西部では狭く、北部から東部にかけては平坦な土地が広がる。
雨量の多い南部の中央高地から河川が放射状に流れ出す。

気候:
気候は熱帯性であり高温多湿で、海岸部・低地では年平均気温27~28 °Cである。
高地の気候は冷涼である。
ヌワラ・エリヤ(標高約1890m)では年平均気温22 °Cと一年中常春のような気候である。
気候の特色はモンスーンの影響が強いことで、年2回の季節風である南西モンスーンと
北東モンスーンに伴い、季節に応じて降雨量が変化する。
年間降雨量: 1875mmを基準として、乾燥地帯 (dry zone) と湿潤地帯 (wet zone) に大別され、
乾燥地帯は北部から中部にかけてで国土の7割を占める。

引用文献:Wikipedia

記事 種苗課スタッフ

2016.07.13 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

収穫祭参加

皆様こんにちは。

 最近本当に暑く、日差しも強いですね。
日に日に日焼けで顔、腕が黒く染まっていっているのを実感しております。(笑)

 先日とある法人のお客様のところで収穫祭があり、お招き頂いたため参加して参りました。
収穫物は大玉トマト、エダマメ、とうもろこし、じゃがいもでした。

品種は麗旬です。

大変形が整っており、見るからに美味しそうで、
実際サラダで食べましたがさっぱりとした食味でした。

エダマメです。

品種は湯あがり娘です。

 種子は弊社から入れさせてもらいました。
エダマメの収穫は初めてでしたが、樹を真横に倒し、
そのまま引っ張ると根っこからきれいに抜けます。
意外に簡単に抜けますが、やはり大変なのは実を1つ1つ採ることですね。

生産者の苦労がよく分かりました。

 その他、とうもろこし(恵味ゴールド)の収穫もしました。
糖度はメロンをも上回るといえる18度のとうもろこしでした。
とうもろこしを生で食べましたが、その甘さに驚愕しました。

生産者の苦労と収穫の楽しさ、採れたての野菜を食べる嬉しさを大いに味わえる1日でした。

記事 浜岡営業所 スタッフより

2016.06.20 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

パッションフルーツの花が咲きました

こんにちは。
昨年、お客様よりいただいたパッションフルーツが花をつけました。



別名で果物時計草というだけあって、時計の文字盤に似ていますね。



いただいたお客様からは、鉢上げをするともっと大きくなるので、
これからの季節にはグリーンカーテンにもよいとのことでした。

少し調べてみたところ、生長が旺盛で病害虫の心配もほとんどなく簡単に育てることができるようです。
葉っぱは、夏の暑いときでも萎れず、秋ごろまで枯れずに綺麗な状態を保つことができるため、近年では
グリーンカーテンとして、注目され始めているとのこと。
花も実も楽しめる緑のカーテンなんて、素敵ですね。

無事実がなるよう、大事に育てたいと思います!


記事 安城営業所 スタッフより

2016.03.31 [ クロロフィル通信 | トヨタネ探検隊が行く! ]

感想です!ランナーは完走です!「第7回穂の国・豊橋ハーフマラソン」より

現在子育てに奮闘中イクメンです!

子ども元気過ぎです!



 今年は天候に恵まれ、自分は3年連続で応援係をやらせてもらっています。
応援するには最高のコンディションでした。
毎年、スタート&ゴール地点での応援です。

 選手がスタートしてから早い方のゴールが見られる約1時間の間、
公園では各種イベントが繰り広げられます。

 豊橋ご当地アイドルから高校生による吹奏楽、クイズ大会と待っている間も観客を飽きさせません。
B級グルメなどの屋台も出されます。
特に今年はコーヒースタンドが個人的にはお気に入りでしたね。

選手の皆さん来年も頑張りましょう


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

記事 プロファーム事業部スタッフより